Web系の面接対策

エンジニア面接で「ご自身のキャリアプランはどうお考えですか?」に答えられない場合の対策。

更新日:

まずはマネージメント系か技術極める系か明示しよう

転職活動の中で、あなたのキャリアプランは?は必ず聞かれます。
エンジニアは大きく

  • マネージメント系
  • 技術極める系

かに分かれます。
この質問には実は正解があります。

  • SIerへの転職 マネージメント系が好まれる
  • Web系への転職 技術極める系と答えろ

です。

基本的にはこの2つの方向があるので、回答の冒頭で、
自分はどっちに行きたいか明示して、相手を安心させてあげます。

Web系の面接で、「PMになりたいです」と答えたら即アウトです。
Web系では、一生手を動かせる人=技術極める系の人というのが前提だからです。

明示した方向性の中で、なぜWeb系のその企業か伝えよう

どっちに行きたいか明示した上で、そのキャリアプラン(方向性)の中で、
「今回の転職はどういう位置付けなのか」
「弊社はどういう位置付けなのか」
を面接官は知りたがっているわけです。

そもそもですが、転職しようとしているのに、
「キャリアプランを考えていない」では、残念ながら話になりません。

私は自分1人で転職サイトを利用して活動していたときは、
「引く手あまただしどこでも受かるだろう」と舐めていました。

なので、「キャリアプランをどうお考えですか?」に対して、
「正直まだ決めかねているんです」と答えていました(恥
全部落ちましたね(笑

これは、企業選び云々の前に、
「今回、なぜ転職するのか?」を自分が深く考える必要があるということです。

特に、前職を明確な理由を持ってやめたわけじゃない人、
ネガティブな理由でやめた人こそ考える必要があります。
それは、自分のためにしっかり考えてください。

キャリアプランを実現できる企業か?を考える必要があります。
面接官はあなたに活躍して欲しいと思って期待して採用するわけです。

過去・現在・未来で話せると完璧

さらに回答をブラッシュアップするためには、
「未来のために、過去こんなことをやってきた」
と言える必要があります。

だから、このサイトを通じてお伝えしているように、
3ヶ月程度の準備期間を儲けるとよいのです。

3ヶ月の準備期間で、技術について勉強します。

その上で、
最新技術を、この1年間かけて技術勉強をしている。
しかし今の会社では活かせる場所がない。
だから御社なんです。

と言えば、採用担当者も納得します。

【転職のプロが薦める】Web系自社開発のための転職エージェントランキング!

 転職満足度は『「いかに自分の希望にあう、条件のよい」企業から内定が出たか』で決まります。そのため、Web系企業に転職するときのエージェントを選ぶポイントは、「Web系企業の求人」をいくつ持っているかに尽きます。なので、総合大手よりも、Web系企業の求人を多くもつIT専門転職エージェントがオススメです。

ギークリー

  • Web系企業の求人数は9000以上とダントツに多い。
  • 「リクナビNEXTエージェントNetwork」にて、「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」で1位獲得!
  • 「営業が強い」という口コミが多いが、その分熱心に求人を提案してくれる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京・神奈川・埼玉・千葉で勤務できるエンジニアが対象。

レバテックキャリア

  • Web系企業の求人数が4000以上と豊富
  • 「GOOD AGENT AWARD」で「2018年金賞」受賞!
  • 転職業界の人間同士の会話でも、ITといえばレバテックとまず挙がる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、福岡で勤務できるエンジニアが対象。

ワークポート

  • 求人数は2000以上と上2社より少ないが、古くからIT専門として有名。
  • 「GOOD AGENT RANKING」で「転職決定人数部門」第1位獲得!
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単

-Web系の面接対策

Copyright© SIerからWeb系自社開発に転職!失敗して感じたたった1つの後悔 , 2019 All Rights Reserved.