エンジニアのキャリアプラン

キャリアプランなんていらない!キャリアプラン不要論もある。

投稿日:2017年9月1日 更新日:

キャリアプランを考えることの弱点を3つ挙げておきます。とても大事なことですので、キャリアプランを考えるのも程ほどでいいなと思う事でしょう。

では、順番に説明していきます。

あなたが考えたキャリアプランであること。

あなたのキャリアプランはあなたにしか描くことはできません。他の人にあなたが望むものは分からないし、他人が描いたキャリアプランなんて興味が湧かないでしょうから、意味がありませんね。

あなたがキャリアプランを描いたキャリアプランは、「あなたが知ってる世界でのキャリアプラン」にすぎません。あなたがどう認識しているかは分かりませんが、自分が認識しているのは、世界広いの無限の可能性のうちの狭い狭い範囲である事を知っておいた方が良いでしょう。

日本では学校卒業→就職→会社勤め→定年というのが一般的な人の人生です。あなたの描くキャリアプランもおそらくその中に収まっているでしょう。

転職エージェントやキャリアアドバイザーという人が描くプランも同じです。描いた人の知ってる世界の内側でしかキャリアプランを描くことができません。

プラン通りに行く可能性が低いこと。

キャリアプランの外側の世界が見えなくなること。

明確なキャリアプランは、描いている時は楽しいかも知れません。しかし、大きな欠点としてプランの外側の世界が見えなくなってしまいます。

プランを守ろう守ろうとすると、予想外の話が舞い込んだときに、本当はその話はとてもワクワクするものなのに、「プランとは違うから今はいいか」という判断になってしまうことです。

また、「キャリアプランに役に立たないから今はいいか」という判断をするかもしれません。キャリアプランの役に立たない=あなたの人生の役に立たないと言うわけではありません。

その話が別の何かに繋がる可能性があったり、あなた本来の力を発揮するための布石になるかもしれないのに、キャリアプランをがちがちに固めてしまうと、そういうチャンスを逃すことになりかねません。

転職を機にキャリアプランを見直すことは重要であり、キャリアプランに沿った明確な転職軸を持つことは、あなたに大きなエネルギーを与えるし、転職活動もスムーズにいくでしょう。

この記事でのポイントは、「キャリアプランは立てなくて良い」ということではありません。「キャリアプランはあくまでも、立てた時点でのプランにすぎない」ということを知っておいてねってことです。

必ずしもそのプラン通りにする必要はないということです。「だったらなんでキャリアプランなんか作るのさ?」と聞かれるかもしれませんね。

-エンジニアのキャリアプラン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

主体性と客観性は両方大切

転職では主体性も客観性も両方大切。 主体性…私は⚫⚫がやりたい。 客観性…企業は⚫⚫な人を必要としている。   転職時に限らず、転職後にやりたいことをやるとき、ビジネスを回していくとき、常に …

no image

Web系企業で求められるエンジニアとは

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」と孫子の兵法に書いてあります。 Web系企業、面接担当者は敵ではありませんが、どんな人が求められているのか、SIer出身者は採用されないでしょう。難しいことではな …

no image

31歳業務系アプリSEの転職記録

私が離職したのは2017年2月末付け。 私は2017年の2月末付けで会社を退社しました。 辞める当時は大手自動車部品メーカーの保守・開発をしていました。 既存システムの改修がメインで、たまに新規機能追 …

no image

SIerからWeb系へ転職するための参考になるサイト

Slideshareで「sier web系」で検索しよう SIer→Web 本音で語るキャリアチェンジ 「SIer→Web」〜本音で語るキャリアチェンジ〜 from Masaru Gushiken W …

no image

フリーランスになってみるのもあり

Web系に行きたいなら、できるだけWeb系に近い場所で働くことが大切です。 SESの場合は、まずは営業担当に打診してみましょう。 それでも無理なら、まずはフリーランスのエンジニアになるのも手です。 ク …