Maven/Gradle Git

EclipseからMaven-Git Hubの連携

投稿日:

アプリ開発でこういう環境があります。

  • IDE:Eclipse
  • 構成管理:Maven
  • ソース管理:Git Hub

こういう環境はどのように作っていけばいいのでしょうか?
特に、Mavenから先か、Gitから先かという点です。

Mavenプロジェクトが先でGit連携が後

チーム>共有ではURLを入力できない

これまでSVNを使ったいたときはいかなるプロジェクトでも、プロジェクトさえできていれば、「プロジェクトを右クリック>チーム>プロジェクトの共有」でWeb上のリポジトリにコミットできていました。

しかしGitの場合は、「チーム>プロジェクトの共有>Git>リポジトリーの作成ボタン>リポジトリー・ディレクトリー」ここにURL(”http://”から始まる)を入力できませんでした。

なぜでしょうか。それは、Gitは「分散型バージョン管理システム」のため、ローカルにリポジトリを作成する必要があるからです。ソース管理はまずはそのローカルで行うのです。

Mavenプロジェクト作成→Git Hub連携手順

  1. EclipseでMavenプロジェクトを作る
  2. Git Hubにアカウントを作成し、リポジトリーを作る
  3. Eclipseの「Git リポジトリー」パースペクティブを開く
  4. 「Gitレポジトリーの複製>URIの複製」の後、ロケーションのURIに2で作ったリポジトリーのURLを入力し、リポジトリーの複製を完了する。
  5. Eclipseの「Java EE」パースペクティブに戻る
  6. 1で作ったMavenプロジェクトを右クリックし、「チーム>プロジェクトの共有>Git」の後、「リポジトリー」のプルダウンに4で複製してきたリポジトリーが選べるようになっている。リポジトリーを選択して、「完了」を押す。

これで初期設定は完了です。

ローカルリポジトリでソース管理する

初期設定が完了して、Gitのローカルリポジトリが使えるようになったら、早速EclipseのMavenプロジェクトをGitローカルリポジトリにコミットしてみよう。

Gitローカルリポジトリにコミットされた時点では、Git Hubには何も変化は起きていない。Git Hubの親リポジトリは「リモートリポジトリ」と呼ばれ、

 

参考
https://qiita.com/us10096698/items/83c980b1b7678876f568

-Maven/Gradle, Git

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MavenとAntの違い

業務系アプリ開発ではまだまだAntだけ使っている所が多いのではないだろうか。 これから新規開発するプロジェクトでは、Mavenを使い始めるというケースが多かもしれない。 MavenはAntを含んでいる …

no image

Jenkins-GitBucketの連携 自動ビルド・自動デプロイ

参考サイト BitbucketにpushされたらJenkinsで自動デプロイする Jenkinsの設定 $ sudo usermod -d /var/lib/jenkins -s /bin/bash …

no image

EclipseにGit hub/BitBucketからプロジェクトを作成する

no image

Ubuntu16.04にGitLabをインストールする

https://about.gitlab.com/installation/#ubuntu に従う。 $ sudo apt-get install -y curl openssh-server ca- …

no image

コマンドライン/EclipseからGit pushするときのコミッター名を変更する

コマンドラインからプッシュするとき   eclipseからプッシュするとき 設定>チーム>Git>構成>ユーザー設定 エントリーの追加ボタンを押して、上記のように追加し、適用します。 key …