Linux

GCPのCompute Engineでyumコマンドを使えるようにする

投稿日:

sudo apt-get install yum でOK

GCP上でJenkinsを使えるようにしたかったのです。
Jenkinsはyumで管理されているのです。

GCPのCompute Engineでは初期状態でyumコマンドは使えません。yumがインストールされていないからです。

まずはyumを使えるようにしましょう。簡単です。下記コマンドでOK。
sudo apt-get install yum

初期状態でapt-getは使えます。apt-getもyumと同じパッケージ管理システムであり、apt-getでyumは管理されているので、apt-getでyumをインストールします。

これでyumコマンドが使えるようになります。
sudo yum version
上記コマンドを実行して、yumコマンドが認識されていることを確認してください。

yumレポジトリは /etc/yum/repos.d である

apt-get install yum でyumをインストールすると、yumレポジトリは下記に作られます。
/etc/yum/repos.d
(確認してみてね。)

多くのインストールマニュアルのサイトを見ると、yumレポジトリは下記になっています。
/etc/yum.repos.d

-Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Ubuntu 16.04のランチャー(タスクバー・ショートカット)への登録の仕方

起動して、右クリックで「ランチャーに登録」できる。 ここでは「端末」をランチャーに登録していく。 このように、初期状態ではランチャーには「端末」は登録されていない。 まずは「端末」を開く。任意のアプリ …

no image

Linuxマニアになる必要はない。アプリ開発の環境構築は簡単だ。

アプリ開発者のLinuxに対する勘違いが難しくしている クラウドに開発環境を構築するぞ! 業務でEclipse/Javaを使って開発をしているエンジニア。クラウドでの環境構築に興味が出てきて、AWSや …

no image

Windowsの人がLinuxを触ってみる簡単な方法

1.VPS さくら お名前.com など非常に安い 2.IaaSのクラウド AWS GCP どちらも安い。 3.Windows上に仮想Linuxを構築 VMware Virtual Box 完全無料で …

no image

Ubuntu16.04 aptコマンドの使い方

パッケージ管理されているモジュール一覧を取得する。 $ apt list 多分これだけ見る人はいない。 任意のモジュールがパッケージ管理されているか確認する。 $ apt list | grep “m …

no image

Ubuntu16.04にMongoDBをインストールする。

MongoDBについて MongoDBはNoSQLの一種であり、ドキュメント型と呼ばれるデーターベース。 2009年にMongoDB.Incが開発した。 人気のあるデータベースをランキング形式で公表し …