Linux

ディレクトリ・ファイルの所有者

投稿日:

Windowsで開発していた人がLinuxで戸惑うのが、ファイルの所有者というものです。

Linuxではディレクトリ、ファイルには所有者がいます。

ls -l コマンドで、所有者を確認することができます。

所有者を任意のユーザーに設定するのが chown コマンドです。

chown file名 ユーザー名 で任意のファイルを任意のユーザーの所有とすることができます。

-Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コマンドを入力することで、シェルを通じてカーネルと対話する

シェル、カーネル、コマンドという言葉があります。 カーネルというのは核というのは意味です。Linuxの核です。 カーネルの役割は、CPU、メモリ、その他デバイスなどのリソースを管理し、動かすことです。 …

no image

Linuxのディレクトリ構成

Linuxのディレクトリを逐一説明していくよりも、Linuxのディレクトリ構成にはルールがありますので、そのルールを見ていきましょう。 Linuxのあらゆるディストリビューションは、基本的にそのルール …

no image

Windowsの人がLinuxを触ってみる簡単な方法

1.VPS さくら お名前.com など非常に安い 2.IaaSのクラウド AWS GCP どちらも安い。 3.Windows上に仮想Linuxを構築 VMware Virtual Box 完全無料で …

no image

Linuxマニアになる必要はない。アプリ開発の環境構築は簡単だ。

アプリ開発者のLinuxに対する勘違いが難しくしている クラウドに開発環境を構築するぞ! 業務でEclipse/Javaを使って開発をしているエンジニア。クラウドでの環境構築に興味が出てきて、AWSや …

no image

Linuxのvi以外のエディタ

Linuxのエディタといえばviが広く使われています。 Windows環境で開発していたエンジニアにとっては、非常に使いずらく、終了することさえ一苦労だったのではないでしょうか。 Linuxにはvi以 …