Linux

ディレクトリ・ファイルの所有者

投稿日:

Windowsで開発していた人がLinuxで戸惑うのが、ファイルの所有者というものです。

Linuxではディレクトリ、ファイルには所有者がいます。

ls -l コマンドで、所有者を確認することができます。

所有者を任意のユーザーに設定するのが chown コマンドです。

chown file名 ユーザー名 で任意のファイルを任意のユーザーの所有とすることができます。

-Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

GCPのCompute Engineでyumコマンドを使えるようにする

sudo apt-get install yum でOK GCP上でJenkinsを使えるようにしたかったのです。 Jenkinsはyumで管理されているのです。 GCPのCompute Engine …

no image

Linuxのユーザーアカウント・グループの種類・作成

Windowsでの開発者がLinuxを使い始めて戸惑うのが、ユーザーです。特に、アプリケーションもユーザーになることが混乱しやすいです。 ユーザーには三種類あります。 スーパーユーザー(root) 一 …

no image

OSの仮想化技術 ホスト型/ハイパーバイザー型/コンテナ型

ホスト型 oracle virtualbox ハイパーバイザー型 Xen Server hyper-V コンテナ型 Docker

no image

Linuxのvi以外のエディタ

Linuxのエディタといえばviが広く使われています。 Windows環境で開発していたエンジニアにとっては、非常に使いずらく、終了することさえ一苦労だったのではないでしょうか。 Linuxにはvi以 …

no image

Ubuntu16.04 aptコマンドの使い方

パッケージ管理されているモジュール一覧を取得する。 $ apt list 多分これだけ見る人はいない。 任意のモジュールがパッケージ管理されているか確認する。 $ apt list | grep “m …