Linux

Linuxのユーザーアカウント・グループの種類・作成

投稿日:

Windowsでの開発者がLinuxを使い始めて戸惑うのが、ユーザーです。特に、アプリケーションもユーザーになることが混乱しやすいです。

ユーザーには三種類あります。

スーパーユーザー(root)

一般ユーザー(taro等のroot以外の人)

システムユーザー(apache等のアプリケーション)

 

ユーザーは、/etc/passwdファイルに記述されています。

cat /etc/passwd

で確認する事ができます。

 

ユーザーを追加するコマンドは useradd です。

ユーザー情報を変更するコマンドは usermod です。

ユーザー情報を削除するコマンドは userdel です。

 

 

 

また、グループというユーザーをまとめた指定もあります。

-Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Ubuntu16.04 aptコマンドの使い方

パッケージ管理されているモジュール一覧を取得する。 $ apt list 多分これだけ見る人はいない。 任意のモジュールがパッケージ管理されているか確認する。 $ apt list | grep “m …

no image

公開鍵認証の公開鍵と秘密鍵

公開鍵暗号 公開鍵 相手に送信する。 秘密鍵 自分で保持する。人に教えてはいけない。 を使用する。 公開鍵と秘密鍵はペアで生成する。 RSA暗号は公開鍵暗号方式のひとつである。 発明家3人の名前の先頭 …

no image

Linuxのvi以外のエディタ

Linuxのエディタといえばviが広く使われています。 Windows環境で開発していたエンジニアにとっては、非常に使いずらく、終了することさえ一苦労だったのではないでしょうか。 Linuxにはvi以 …

no image

Ubuntu 16.04のランチャー(タスクバー・ショートカット)への登録の仕方

起動して、右クリックで「ランチャーに登録」できる。 ここでは「端末」をランチャーに登録していく。 このように、初期状態ではランチャーには「端末」は登録されていない。 まずは「端末」を開く。任意のアプリ …

no image

Linux コマンド一覧2

環境構築には不要ですが、覚えておくと役に立つ or 勉強になるコマンドを紹介します。 whichコマンド 文法 which コマンド名 例 which ls whichは和訳すると、「どの?」である。 …