Linux

Linuxのユーザーアカウント・グループの種類・作成

投稿日:

Windowsでの開発者がLinuxを使い始めて戸惑うのが、ユーザーです。特に、アプリケーションもユーザーになることが混乱しやすいです。

ユーザーには三種類あります。

スーパーユーザー(root)

一般ユーザー(taro等のroot以外の人)

システムユーザー(apache等のアプリケーション)

 

ユーザーは、/etc/passwdファイルに記述されています。

cat /etc/passwd

で確認する事ができます。

 

ユーザーを追加するコマンドは useradd です。

ユーザー情報を変更するコマンドは usermod です。

ユーザー情報を削除するコマンドは userdel です。

 

 

 

また、グループというユーザーをまとめた指定もあります。

-Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

公開鍵認証の公開鍵と秘密鍵

公開鍵暗号 公開鍵 相手に送信する。 秘密鍵 自分で保持する。人に教えてはいけない。 を使用する。 公開鍵と秘密鍵はペアで生成する。 RSA暗号は公開鍵暗号方式のひとつである。 発明家3人の名前の先頭 …

no image

Linuxのインストールコマンド(yum,rpm,gem…)のまとめ

AWSやGCPの環境設定を学んでいると、いろんなソフトウェアをインストールする必要があると感じます。その時に使用されるのが、yumやrpmというアプリ開発者には見慣れないコマンド。 yumやrpmはパ …

no image

ディレクトリ・ファイルの所有者

Windowsで開発していた人がLinuxで戸惑うのが、ファイルの所有者というものです。 Linuxではディレクトリ、ファイルには所有者がいます。 ls -l コマンドで、所有者を確認することができま …

no image

VirtualBoxでWindows7にLinuxOS(Ubuntu)を構築する

WindowsローカルでLinux環境を構築する Virtual Boxをダウンロード・インストールする UbuntuのISOファイルをダウンロードする Virtual Boxを起動し、ISOファイル …

no image

コマンドを入力することで、シェルを通じてカーネルと対話する

シェル、カーネル、コマンドという言葉があります。 カーネルというのは核というのは意味です。Linuxの核です。 カーネルの役割は、CPU、メモリ、その他デバイスなどのリソースを管理し、動かすことです。 …