書籍・読書

【書籍】【HOW GOOGLE WORKS】Googleが今ほど巨大になれた理由

投稿日:2017年10月3日 更新日:

Googleが今ほど巨大になった理由は、「優れた検索エンジンを開発したから」だと思っていました。

もしくは、「優れたエンジニアを沢山雇っているから」さらに成長が加速しているのだと思っていました。

どうやらそれは要因の1つにすぎないようです。

「優れた検索エンジン」=革新的なサービス ですが、新たなサービスのアイデアを作る企業は世の中に沢山あるし、個人でも新たなサービスを作っている人もいるでしょう。

「優れたエンジニア」を高給を払って雇っている企業も世の中には沢山あるでしょう。

ですが、そういう条件を備えた企業のすべてが、Googleほど、いや、Google程とはいかなくても大企業になってるわけではありません。

Googleを今のGoogleたらしめている主因は何なのでしょうか?それをこの本「HOW GOOGLE WORKS」から読み取ることができます。

また、その主因を自分に取り入れることで、あなたも次のGoogleのような企業体を創れるかもしれません。

現代、昨今のビジネス環境として抑えておきたいことは次の点である。
・情報の無料化
・プロダクト > マーケティング

 

マーケティング力があれば、大したことがないプロダクトでも成功させることができる?

事例

exciteの失敗

Googleの各種プロダクト

従来 マーケティング:プロダクト=30:70

今 70:30 (ジェフベゾズ)

理由

プロダクト情報が無料で比較できる

失敗するコストが下がった

 

試行錯誤を繰り返すこと=スピードが大事

 

プロダクトレビュー

 

最初のフォロワーが孤独な愚か者をリーダーにする。

 

ユーザーに焦点を絞れば、あとは全部ついてくる。

-書籍・読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

岡谷貴之「深層学習」に挫折したらオライリー「ゼロから作るDeep Learning」

ディープラーニング協会のG検定の推奨書籍である、「深層学習」を読み始めた。 いきなりこれ読んでたら、確実に挫折して、「AI研究なんて、大学院レベルの人がやること…」となっていただろう。 幸い自分は1冊 …

no image

グーグルに学ぶディープラーニング tensorflow.playgroundの試算

あまりよくなかった。これまでにディープラーニングの入門本は沢山読んできて、ある程度の内容は知っていて、事例を補いたいと思い読んだのですが、「人工知能 解体新書」のほうが有益だった。   気に …

no image

君は1万円札を破れるか?

これ、お気に入りの本です。先日、自分の子どもも資本主義の洗礼で、コントロール不可能に陥ってることを見て、危機感を覚えました。 再度、資本主義の洗脳を解きたいと思い、読み返すことにした。 お金の本質 お …

no image

決断力の磨き方を読んで

冒頭から素晴らしい言葉が並ぶ。 決めている人ほど悩みが少なく、幸せである複雑にこんがらがった毎日を、スッキリと抜け出す方法がある。考えるのをやめて、決めることに集中することだ。 決められない人ほど不自 …

no image

あなたの脳のしつけ方を読んで

た退屈、辛い、飽きる という理由で、決めたことをやめたことがありませんか? 続かなくて、自己嫌悪や反省をしたことはありませんか? 実はそれ、脳の性質であり、あなたの「性格」や「資質」の問題ではないので …