書籍・読書

【夢をかなえる方程式(苫米地英人 著)】を読んで

投稿日:2017年10月10日 更新日:

ブリーフ

人それぞれの考え方や見方

ブリーフがその人のパフォーマンスを決定する

人はブリーフに合致しない行動はとれない

例 禁煙、ダイエットに一時的に成功しても元に戻る。

ブリーフの集合=セルフイメージ=自我

セルフトーク

セルフトークがセルフイメージを作る。

セルフトークをコントロールすれば、

セルフトークを何度も繰り返すと、自分はこういう人間なんだというセルフイメージを作る。

・ネガティブセルフトークをしないこと

・ポジティブなセルフトーク=アファメーションは科学的で効果的

自分のセルフトーク

「私はGoogleに事業を1000億円で売却する」

エネルギーと創造性の源

エネルギーと創造性はゴールから放出される。

過去の情動記憶(=現状)

未来のゴール

どちらのゲシュタルトを選ぶか?

ゴールが現状よりリアルでないといけない。

ゴールはすでに達成していると思いなさい。

ゴールをリアルにする方法

アファメーション

ビジュアライゼーション

I × V = R

イメージ 臨場感(ビビッドネス) リアリティー

ねばならないは危険

ねばならないことをせず、したいことをやりなさい。したいことだけをするべき。

セルフイメージ

無理して演じてるとき→⚫⚫しなければならない→強制・やらされてる感は自己肯定感を下げる

将来こうしたい→⚫⚫したい

臨場感を高める

ネガティブな、評価をしない

成功したら 俺らしい!

失敗したら 俺らしくない!

子供の自己肯定感

2つの質問でOK

  • 今日は何かいいことあった?
  • 明日、楽しみにしていることは何?

未来の記憶を作る 

  1. アファメーション作成(複数可)
  2. アファメーション言う 寝る前と起きた時
  3. 実現したときの嬉しさや充実感を味わう

まとめ

  1. 自分に×をつけない。「俺らしくない!」
  2. ゴールの世界を鮮明にイメージし、そこにいる自分をリハーサル
  3. アファメーション

言葉が映像を作り、映像が感情を作る。

    youtubeは810億円です。


    オススメです!

    -書籍・読書

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    no image

    人工知能解体新書 ゼロからわかる人工知能のしくみと活用

    この本は良かった。実用例が豊富だから。IBM Watsonの解説が多いんだけど、それだけWatsonはAI産業で重要なポジションを占めているってことがわかった。G検定の推薦図書では具体例が少なくて、「 …

    no image

    現場で役立つシステム設計の原則

    増田亨氏(株式会社ギルドワークスのエンジニア)の「現場で役立つシステム設計の原則」という本を読みました。 きっかけは、次案件でSpringMVCを使って画面の設計以降を任されることになったのですが、あ …

    no image

    時間のない人程、本を読むべき。

    本ほど時間短縮になるものはない。 編集者が読みやすく編集してくれてるんだから。 ブログやネットの記事は素人が書いたものであるから、正確性を担保する必要もないし、読みやすく配慮するには時間がかかるから、 …

    no image

    君は1万円札を破れるか?

    これ、お気に入りの本です。先日、自分の子どもも資本主義の洗礼で、コントロール不可能に陥ってることを見て、危機感を覚えました。 再度、資本主義の洗脳を解きたいと思い、読み返すことにした。 お金の本質 お …

    no image

    岡谷貴之「深層学習」に挫折したらオライリー「ゼロから作るDeep Learning」

    ディープラーニング協会のG検定の推奨書籍である、「深層学習」を読み始めた。 いきなりこれ読んでたら、確実に挫折して、「AI研究なんて、大学院レベルの人がやること…」となっていただろう。 幸い自分は1冊 …