AI・機械学習・ディープラーニング

ディープラーニングのビジネス新規事業立ち上げ情報

投稿日:

エンジニアがディープラーニング界隈で稼ぐ(転職 or 起業)するためのガイド。

ディープラーニングのお勉強

「日本ディープラーニング協会」(Japan Deep Learning Association:JDLA)が2017年10月4日に設立された。

http://www.jdla.org

「JDLA Deep Learning for ENGINEER」 資格を取得する。

・認定コースの受講が必要

・資格試験は選択問題と実技試験で構成し、受験料は3万2400円(税込み)

これで転職できる。又は起業のベースとなるエンジニア技術を取得する。

参考

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO21930110V01C17A0000000/

ディープラーニングでビジネス新規事業立ち上げ

ビジネス創出のセミナー情報

人口知能ビジネス創出協会

 

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人工知能を補助する人工知能

人工知能を補助する人工知能が出てくる。

no image

AIの俯瞰2

人工知能研究にあった大きな壁 機械学習に使う情報量の不足 コンピューター性能の不足 機械学習に使う情報量の不足 インターネットの登場→ビッグデータ 検索技術=マイニングにより、ビッグデータからひつよ …

no image

AWS Amazon Machine Learning で MNISTを分類

実際に機械学習アプリを使用するにあたってはAWSとGCPで最も簡単に作る方法を調査した。 GCPでは Cloud ML Engineというのがあるが、あくまでEngineであり、GUIで簡単にアプリを …

no image

ディープラーニングは機械自体が学習する

歴史 2012年のImageNetで圧勝したトロント大学の機械学習の方法が「ディープラーニング(深層学習)」である。 発案者は同大学教授のジェフリー・ヒントン。 本質 ディープラーニングは、予測能力を …

no image

人工知能解体新書 ゼロからわかる人工知能のしくみと活用

この本は良かった。実用例が豊富だから。IBM Watsonの解説が多いんだけど、それだけWatsonはAI産業で重要なポジションを占めているってことがわかった。G検定の推薦図書では具体例が少なくて、「 …