Windows

Windows7でapt-getやbrewのようなパッケージ管理を使う

投稿日:

Windows Management Frameworkというのが、Windowsのパッケージ管理システムである。

Windows Management Framework (WMF) は配信メカニズムであり、さまざまな種類の Windows や Windows Server に一貫した管理インターフェイスを提供します。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/wmf/readme

手順

  1. PowerShellのバージョンを確認する
  2. Windows Management Framework 5.0をインストールする
  3. PackageManagementを使ってインストールする

PowerShellのバージョンを確認する

コマンドラインを起動し、下記コマンドを順に打とう。

PowerShell
$PSVersionTable

上記画像では2.0であることがわかる。(「PSVersion」のValueで。)

Windows Management Framework 5.0をインストールする

ここからダウンロードしてくる。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=50395

  • x86 32ビットマシン用
  • x64 64ビットマシン用

私は64ビットマシンなので「Win7AndW2K8R2-KB3134760-x64.msu」にした。約20MBである。

特にオプションもなくインストールは完了する。再起動が必要となる。
再起動後、再度PowerShellのバージョンを確認すると、5.0.10586.117になっていた。

PackageManagementを使ってインストールする

PowerShell
Install-Package -Name パッケージ名

 

<参考>

http://bashalog.c-brains.jp/15/11/30-100000.php

-Windows

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした