コラム

いつも遅刻する人の特徴・いつも間に合ってる人の特徴

投稿日:2017年10月25日 更新日:

いつも遅刻する人の特徴

ギリギリの時間に会社の最寄り駅に着く。

乗ってる電車が空いている

都内では通勤ラッシュがすごいです。乗車率は200%などと言われ、朝の通勤時間は

よく遅刻する人の電車はなぜか空いています。そして、「私の路線空いてる、ラッキー♪」って思っているのです。

ですがその人が一本早い電車に乗るとあることに気づきます。

あれ?この電車混んでたんだ・・・。と。

遅刻する人の電車が空いてるのは、その電車は通勤時間を超えてしまっている、遅刻する人の電車ということです。

もし私の電車空いてるって思ってる人がいたら、遅刻電車と思ってくださいね。

都内の朝の通勤時間に電車が空いてるということはまずありませんので。

 

いつも間に合ってる人の特徴

遅れても大丈夫なように1本早い電車に乗っている。

いつも間に合ってる人も、電車が遅延することはある。
しかし、電車が遅延しても間に合うように1本早い電車に乗っているのです。

いつも遅刻する人は、ギリギリの電車・ぴったりの時間の電車に乗ってる為、その電車が少し遅延するともうアウトです。

結論 家を早く出よう

遅刻しないためには、今より家を早く出るしかありません。

いつも遅刻する人はそれができない人です。

残念ながら会社では遅刻が多いといくら仕事ができるとしても、昇進できません。

遅刻が多いことは低評価につながるため、とても勿体無いのです。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Googleのn-gramデータがすごい

10年前のこの記事 発想がすごいなって思いました。 web全体の解析 数千台規模の計算機クラスタを使用 解析に使ったのは、MarReduceだそうです。

no image

OSS・ソフトウェアの著作権表示について

表示 MIT GNU プロプライエタリ  GPL BSD 個人 OK 商用開発 OK 商用本番  OK  ソース公開  不要 GitHubで最も使われているオープンソースライセンスはMITである。 M …

no image

【AI(人口知能)まるわかり】(日経ビジネス)を読んで

 機械学習・ディープラーニングによりAI開発が加速している 機械学習に必要なもの。 大量の学習データ 膨大な計算リソース これらを可能にしたのがgoogleである。計算リソースはGoogle …

no image

エンジニアは残業していいことは1つもない

残業するかどうか迷ってる人に考えて欲しいのです。現場がもう残業前提みたいになっていたらしょうがないですけどね。 残業すれば生産性は下がるのです。残業はしても1時間にしておきましょう。 それ以上はダラダ …

no image

エンジニアの生産性を上げる方法

ゴールを明確にする 1時間単位で作業を区分してみる。1日9:00-17:00として、7時間あるから、7つの作業区分があるわけだ。 その各区分の中で、今の区分のゴールを設定すること。ゴールは小さいゴール …