書籍・読書

時間のない人程、本を読むべき。

投稿日:

本ほど時間短縮になるものはない。

編集者が読みやすく編集してくれてるんだから。

ブログやネットの記事は素人が書いたものであるから、正確性を担保する必要もないし、読みやすく配慮するには時間がかかるから、文章としてのクオリティは本より大きく劣る。

クオリティの劣った記事をいくら読んでも、断片的な知識しか得られないため、結局費やした時間は無駄になる。

一方、本は出版社という文章の専門家が作ったメディアであるから、正確性がないと恥をかくし、その結果出版ビジネスが立ち行かなくなる。

よって、出版社の文章の方が正確性が高く、何より体系的にまとめられているため、あっち読んでこっち読んで結局わからずに挫折というパターンになりにくい。

同じ時間を投じた時にリターンが大きいは本であるというのが、技術勉強をしていて感じるところである。

技術ブログやQiitaなんかいくら読んでも、使える知識は身に付かない。

-書籍・読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【Python クローリング&スクレイピング】を読んで

紀伊国屋で買いました。 カバー外してます。 クローリングフレームワーク lxml Beautiful Soup Scrapy クローリング→データ収集 スクレイピング→収集したものからデータ抽出するこ …

no image

人工知能解体新書 ゼロからわかる人工知能のしくみと活用

この本は良かった。実用例が豊富だから。IBM Watsonの解説が多いんだけど、それだけWatsonはAI産業で重要なポジションを占めているってことがわかった。G検定の推薦図書では具体例が少なくて、「 …

no image

アフィリエイト上級バイブル

考え方を替える 小遣い稼ぎ・副業 → 営利事業 事業計画、目標数値を明確にし、その実現のための手段を考えて実行する。これが必須である。 競争の激しいジャンルで、ニッチなポジションを狙う。安易にニッチな …

no image

現場で役立つシステム設計の原則

増田亨氏(株式会社ギルドワークスのエンジニア)の「現場で役立つシステム設計の原則」という本を読みました。 きっかけは、次案件でSpringMVCを使って画面の設計以降を任されることになったのですが、あ …

no image

岡谷貴之「深層学習」に挫折したらオライリー「ゼロから作るDeep Learning」

ディープラーニング協会のG検定の推奨書籍である、「深層学習」を読み始めた。 いきなりこれ読んでたら、確実に挫折して、「AI研究なんて、大学院レベルの人がやること…」となっていただろう。 幸い自分は1冊 …