未分類

Amazon Redshift

投稿日:

大量データの検索・分析・集計に向いたDBがAmazon Redshiftである。

DWHやBIの基盤になるよう設計されている。分散処理なので大量データでも自動スケールされ、高速な処理が可能である。

Amazon RDS(Relational Database Service)内のデータを、自作アプリでRedshiftに格納してもよいが、Flydata Syncなどのデータ連携ツールを利用する方法もある。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

出世する人の特徴

no image

Deep Learningの勉強はここを押さえよう

これが説明できたら、DeepLearningの基本は押さえたと言える。 パーセプトロンとは? パーセプトロンの限界とは パーセプトロンからニューラルネットワークへ ニューラルネットワークからディープラ …

no image

Spring-boot-JPAの実行SQLをログ出力する

せっかくJPA導入したのだから、ネイティブSQLは使用しない方がいいです。 しかし、データストアがRDBの場合は、パフォーマンスチューニングや開発時に欲しいデータが取れない場合は、SQLを見直したい時 …

no image

Jenkinsを使うインターネット企業

Paypal 4000人が対象。 ・1日当たり3万2000回のビルド ・1日当たり1000回のデプロイ作業 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/061 …

no image

AWSのマネージドサービスを使うメリット

EC2はIaaSである。 サーバーをそのまま借りれるため、やろうと思えばストレージにもRDBにも使える。 一方、S3やRDSはPaaSである。マネージドサービスとも呼び、Amazonがサービス基盤とし …