未分類

Amazon Redshift

投稿日:

大量データの検索・分析・集計に向いたDBがAmazon Redshiftである。

DWHやBIの基盤になるよう設計されている。分散処理なので大量データでも自動スケールされ、高速な処理が可能である。

Amazon RDS(Relational Database Service)内のデータを、自作アプリでRedshiftに格納してもよいが、Flydata Syncなどのデータ連携ツールを利用する方法もある。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Spring-boot-JPAの実行SQLをログ出力する

せっかくJPA導入したのだから、ネイティブSQLは使用しない方がいいです。 しかし、データストアがRDBの場合は、パフォーマンスチューニングや開発時に欲しいデータが取れない場合は、SQLを見直したい時 …

no image

Python3 勉強サイト

python3 ドキュメントhttps://docs.python.org/ja/3/ ここが一番勉強になります。通勤電車などでコツコツ読み進めるといいですよ。

no image

AWS AMIでWebサーバーの冗長化

冗長化の際にはEC2サーバーを複数設定する必要がある。 一度EC2を設定したら、AWS AMIを使用して冗長化する。 AMIとはAmazon Machine Imageである。マシンイメージのことであ …

no image

lombok @Dataの循環参照(無限ループ)はこう回避する

@Dataをつけた@Entityの双方向の関連では、循環参照が起きます。 Set xxxSet @EqualsAndHashCode(exclude=xxxSet) @ToString(exclude …

no image

Thymeleafの使い方、HTMLにおける宣言

HTMLにおける宣言 <html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” xmlns:th=”http://www.thym …