未分類

AWSのマネージドサービスを使うメリット

投稿日:

EC2はIaaSである。

サーバーをそのまま借りれるため、やろうと思えばストレージにもRDBにも使える。

一方、S3やRDSはPaaSである。マネージドサービスとも呼び、Amazonがサービス基盤として用意しているものである。

もしMYSQLなどのRDBを利用するなら、EC2にMYSQLをインストールすることもできるが、RDSで用意されているMySQLを使うこともできる。

マネージドサービスを使用するメリットとして、構成や配置が決まっているため、小難しい設計をする必要がないことが挙げられる。

もし問題が起きても追究することができずに、Amazonのさじ加減に委ねられる。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ゼロから作るDeep Learning用語集

パーセプトロン このようなアルゴリズムのこと。肝心なのは、yは0 or 1 である。 閾値 パーセプロトロンにおける、0 or 1 のどちらかを判定する値。 閾値以上は1、閾値未満は0を出力するのがパ …

no image

Jenkinsを使うインターネット企業

Paypal 4000人が対象。 ・1日当たり3万2000回のビルド ・1日当たり1000回のデプロイ作業 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/061 …

no image

SIerの古い開発体制

画面ごとの割り振り。 eclipse-SVN プロジェクト管理はエクセルのWBS。 ↓ これらを変えるからには、これらより高い生産性を発揮せなあかん。

no image

チームの開発基盤を今やるなら?

ソースコード管理 GitLab プルリクベース、プルリクしてレビュー。 コミュニケーション基盤はSlack。 プロジェクト管理は、redmine?JIRA? CDはJenkins。 インフラはAWS。 …

no image

SIerができる価値の高い顧客への提案

いちSIerでも、顧客に提案できることは多い。 根本的な改善であるほど、提案の価値は高くなる。 例 ソースコードの改善 ≫ フレームワークの提案 ≫ アーキテクチャの提案 ≫ 開発体制の提案 ≫ 商品 …