未分類

AWSのマネージドサービスを使うメリット

投稿日:

EC2はIaaSである。

サーバーをそのまま借りれるため、やろうと思えばストレージにもRDBにも使える。

一方、S3やRDSはPaaSである。マネージドサービスとも呼び、Amazonがサービス基盤として用意しているものである。

もしMYSQLなどのRDBを利用するなら、EC2にMYSQLをインストールすることもできるが、RDSで用意されているMySQLを使うこともできる。

マネージドサービスを使用するメリットとして、構成や配置が決まっているため、小難しい設計をする必要がないことが挙げられる。

もし問題が起きても追究することができずに、Amazonのさじ加減に委ねられる。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Googleのn-gramデータがすごい

10年前のこの記事 発想がすごいなって思いました。 web全体の解析 数千台規模の計算機クラスタを使用 解析に使ったのは、MarReduceだそうです。

no image

Amazon Redshift

大量データの検索・分析・集計に向いたDBがAmazon Redshiftである。 DWHやBIの基盤になるよう設計されている。分散処理なので大量データでも自動スケールされ、高速な処理が可能である。 A …

no image

チームの開発基盤を今やるなら?

ソースコード管理 GitLab プルリクベース、プルリクしてレビュー。 コミュニケーション基盤はSlack。 プロジェクト管理は、redmine?JIRA? CDはJenkins。 インフラはAWS。 …

no image

SIerの古い開発体制

画面ごとの割り振り。 eclipse-SVN プロジェクト管理はエクセルのWBS。 ↓ これらを変えるからには、これらより高い生産性を発揮せなあかん。

no image

君は1万円札を破れるか?

お金の本質 お金の本質は 情報 である。 情報 なので、無限に作り出すことができる。