AWS

AWS Amazon CodePipelineでCI

投稿日:

ビルド、テスト、デプロイを自動化するCIの仕組みはマネージドサービスの「AWS CodePipeline」で提供される。

「GCodePipelineは、GitHubのソース変更をトリガーに、自動的にビルドとテストを実行する。

ビルドとテストはJenkinsをEC2にインストールする。

「Amazon S3」(S3)にビルドしたファイルを出力する。

サーバーにビルドを配備するのは「AWS CodeDeploy」を使用する。

CodeDeployはS3上にあるビルドを自動的にEC2インスタンスにデプロイする。

 

 

 

-AWS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AWSとGCPどっちがいいの?まとめ

世界観 AWS インフラを自由自在に調達 GCP Googleのインフラを拝借 https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/12739/ サイバ …

no image

アマゾンパブリックデータセット

AWS利用者向けにAmazonが提供しているデータセットである。 一例 人口統計 経済統計   提供形態 S3バケット MySQLデータ EBSスナップショット 利用方法 Amazon Re …

no image

AWSでの冗長化策

冗長化の基本 複数のAZに渡ってリソースを配置すること。 良くない例)AZ1 EC2-A EC2-B 良い例)AZ1 EC2-A,AZ2 EC2-B リージョン内に複数のAZがある。 AZが1つのデー …

no image

AWSのストレージ S3、Strage Gateway、Glacier

ファイルのバックアップ‥Amazon Simple Storage Service(S3)はコマンドラインから利用できる。 RDBのバックアップ‥仮想サーバー「Amazon Elastic Compu …

no image

ビジネス上のAWSのメリット

必要な時に必要な分調達できる、即時性。 初期投資が少なくて済む。 BCP対策。冗長化が容易である。サーバーが落ちたときの対策を取りやすい。 インフラ構成を容易に試験し、変更できる柔軟性。 開発容易性。 …