AWS

AWSのサービスまとめ

投稿日:2017年10月31日 更新日:

略称 名称 サービス概要
EC2 Elastic Compute Cloud 計算資源、OSの貸し出し。
VPC Virtual Private Cloud
ELB Elastic Load Balancing ロードバランサーである。サーバーの負荷分散に使用する。
EBS Elastic Block Store EC2のストレージである。
Route53 DNSサービス
S3 Simple Strage Service
Cloud Watch
RDS Relational Database Service RDBのマネージドサービス
AMI Amazon Machine Image スナップショットからEC2クローンを作成
ASG Amazon Strage Gateway
Amazon Cloud Front CDNである。静的コンテンツをキャッシュして配信する。
Redshift 大量データの検索・解析に向くDB
AMR Amazon Elastic Map Reduce hadoop処理のマネージドサービス
Lambda ラムダ EC2を使わずに、サーバーレスにアプリ構築できる。
Amazon API Gateway REST APIを定義し、リクエストを処理する。レストフルサービスの構築に使用する。
AWS CodePipeline Jenkinsと連動してビルド・テストを自動化。
AWS CodeDeploy S3にあるファイルを自動でデプロイ。
ECS EC2 Container Service Dockerコンテナの実行を管理するマネージドサービス。
AWS Device Farm モバイルなど端末を同時にテストできる。
AWS Cloud Formation EC2などクラウド構成をテンプレート化し、即時構築を可能とする。
SES Simple Email Service メール送信する。
SQS Simple Queue Service
AWS Direct Connect 専用線接続サービス。物理的にAWSと直接接続。

EC2とEBS

EC2は記憶領域をもっているが、インスタンスを停止すると消えてしまう。

EC2の永続的HDDとして使用するのがEBSである。

CPUとHDDはセットになっておらず、別々ってことです。

-AWS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Dockerの有用性

コンテナがあることで、EC2インスタンスのような計算資源を有効活用できる。 アプリケーション毎にEC2インスタンスを作ると、あまり使用しないアプリケーション分が無駄になる。 同一EC2インスタンス内に …

no image

AWS Amazon CodePipelineでCI

ビルド、テスト、デプロイを自動化するCIの仕組みはマネージドサービスの「AWS CodePipeline」で提供される。 「GCodePipelineは、GitHubのソース変更をトリガーに、自動的に …

no image

AWS Lambda

用途・不向きな用途 重い処理は不向き。軽い処理を大量にこなすことを想定。 セッションを使用したステートフルなアプリはEC2で。ステートレスアプリが前提である。 高いレスポンスが求められる用途。lamb …

no image

AWS Cloud frontで静的コンテンツ配信

Amazon Cloud FrontはCDN(Contents delivery network)の一種である。 CDNはミラーリングダウンロードのようなものである。 動画、音楽、画像、HTMLの静的 …

no image

AWSとGCPどっちがいいの?まとめ

世界観 AWS インフラを自由自在に調達 GCP Googleのインフラを拝借 https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/12739/ サイバ …