AWS

AWS Lambda

投稿日:

用途・不向きな用途

重い処理は不向き。軽い処理を大量にこなすことを想定。

セッションを使用したステートフルなアプリはEC2で。ステートレスアプリが前提である。

高いレスポンスが求められる用途。lambdaは呼び出し毎にに起動・停止するため、レスポンスは遅くなる。

-AWS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AWSのストレージ S3、Strage Gateway、Glacier

ファイルのバックアップ‥Amazon Simple Storage Service(S3)はコマンドラインから利用できる。 RDBのバックアップ‥仮想サーバー「Amazon Elastic Compu …

no image

AWSの機械学習サービス

 サービス 概要 補足 SaaS/PaaS Amazon SageMaker  機械学習環境。事前に容易されたモデル又は独自のモデル(TensorFlow,MXNetなど)を使って分散学習ができる。S …

no image

AWS Amazon Machine Learning で MNISTを分類

実際に機械学習アプリを使用するにあたってはAWSとGCPで最も簡単に作る方法を調査した。 GCPでは Cloud ML Engineというのがあるが、あくまでEngineであり、GUIで簡単にアプリを …

no image

ビジネス上のAWSのメリット

必要な時に必要な分調達できる、即時性。 初期投資が少なくて済む。 BCP対策。冗長化が容易である。サーバーが落ちたときの対策を取りやすい。 インフラ構成を容易に試験し、変更できる柔軟性。 開発容易性。 …

no image

Dockerの有用性

コンテナがあることで、EC2インスタンスのような計算資源を有効活用できる。 アプリケーション毎にEC2インスタンスを作ると、あまり使用しないアプリケーション分が無駄になる。 同一EC2インスタンス内に …