開発環境 ConohaVPS Redmine

Ubuntu16.04にRedmine3.4をインストールする

投稿日:

Redmineはインストールが煩雑なことで有名である。
最も簡単なインストール方法はAnsible playbookを使用すること。
playbookにより自動インストールをする。

http://redmine.jp/install/

playbookは上記サイトで紹介されている、Ubuntu用のものを使用する。

具体的なインストール手順

GitHubのページに記載通りの手順を実行した。

環境

  • ConohaVPS
  • Ubuntu16.04
  • Redmine 3.4

実行コマンド

1.各種必要ライブラリのインストール

$ sudo apt-get update
Ign:1 http://pkg.jenkins.io/debian-stable binary/ InRelease
Hit:2 http://pkg.jenkins.io/debian-stable binary/ Release
Hit:4 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial InRelease
Hit:5 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates InRelease
Hit:6 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-backports InRelease
0% [Connecting to security.ubuntu.com (2001:67c:1360:8001::21)]

0%から動かなかったのでCtrl+Cで中止した。

$ sudo apt-get install -y python-pip libpython-dev git libssl-dev
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
git is already the newest version (1:2.7.4-0ubuntu1.3).
…
Setting up python-pkg-resources (20.7.0-1) ...
Setting up python-setuptools (20.7.0-1) ...
Setting up python-wheel (0.29.0-1) ...
Processing triggers for libc-bin (2.23-0ubuntu9) ...

正常に完了できた。

 

$ sudo pip install ansible
Collecting ansible
 Downloading ansible-2.4.1.0.tar.gz (6.7MB)
 100% |????????????????????????????????| 6.7MB 147kB/s
Collecting jinja2 (from ansible)
 Downloading Jinja2-2.10-py2.py3-none-any.whl (126kB)
…
Successfully installed MarkupSafe-1.0 PyYAML-3.12 ansible-2.4.1.0 asn1crypto-0.23.0 bcrypt-3.1.4 cffi-1.11.2 cryptography-2.1.3 enum34-1.1.6 idna-2.6 ipaddress-1.0.18 jinja2-2.10 paramiko-2.4.0 pyasn1-0.3.7 pycparser-2.18 pynacl-1.2.0 six-1.11.0
You are using pip version 8.1.1, however version 9.0.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.

正常に完了できた。

$ git clone https://github.com/farend/redmine-ubuntu-ansible.git
Cloning into 'redmine-ubuntu-ansible'...
remote: Counting objects: 99, done.
remote: Total 99 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 99
Unpacking objects: 100% (99/99), done.
Checking connectivity... done.

正常に完了できた。

2.DBパスワードの変更

$ cat redmine-ubuntu-ansible/group_vars/redmine-servers
# ----------------------------------------------------------------------
# データベースの redmine ユーザーのパスワード (変更推奨)
db_passwd_redmine: XXXXXXXXXX
# ----------------------------------------------------------------------

 

3.plyabookの実行

/redmine-ubuntu-ansible$ ansible-playbook -K -i hosts site.yml
SUDO password:
PLAY [redmine-servers] *****************************************************************
TASK [完了] ******************************************************************************
ok: [localhost] => {
 "msg": "インストールが完了しました。 http://サーバIPアドレス/redmine/ にアクセスしてください。"
}

正常に完了できた。

4.Redmineを使用する

http://サーバIPアドレス/redmine にブラウザからアクセスする。

インストール直後のユーザーIDとパスワードはadmin/adminです。

できました!
開発を楽しみましょう^^

-開発環境, ConohaVPS, Redmine

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Ubuntu16.04にGradleをインストールする

$ sudo apt install gradle sudo: unable to resolve host 150-95-181-92 [sudo] password for ty: Reading …

no image

JenkinsとRedmine3.4の連携(Redmine pluginのインストール)

Jenkins-Redmine pluginのインストール Jenkinsの管理画面から行う。 Jenkins>プラグイン フィルターに「redmine」と入力する。 選択してインストールする。数秒で …

no image

Ubuntu16.04 Linux環境変数の設定

——————— 環境 Conoha VPS Ubuntu 16.04 ———&# …

no image

8080ポートを使用しているプロセスの調べ方

——————— 環境 Conoha VPS Ubuntu 16.04 ———&# …

no image

ConohaVPS Ubuntu16.04をデスクトップ/GUI化する

# apt upgrade Reading package lists… Done Building dependency tree Reading state information… Do …