ConohaVPS

ConohaVPSのVPSサーバーへのインバウンド接続許可設定(ポートを開ける)

投稿日:

外部ネットワークからVPSへのアクセスポートを開ける場所はいくつかある。

Conoha VPS 管理画面

管理画面>サーバー>「ネームタグ」の設定したいサーバーをクリック>ネットワーク情報>接続許可ポート

初期設定では「全て許可」になっている。

ufwコマンド

$ sudo ufw status

で、ファイアーウォールを確認できる。

アプリケーションごとの設定

アプリケーションごとに外部からの接続を受け入れるか設定があることがある。

>>MySQLの場合

 

Windowsローカルマシンからのポートが空いてるか確認する方法

dosのpingコマンドでは、IPアドレスしか指定できないが、PsPingを使えば、ポートを指定して簡単に疎通確認ができる。

>>Microsoft.com PsPing v2.1

-ConohaVPS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Jenkins-GitBucketの連携 自動ビルド・自動デプロイ

参考サイト BitbucketにpushされたらJenkinsで自動デプロイする Jenkinsの設定 $ sudo usermod -d /var/lib/jenkins -s /bin/bash …

no image

ConohaVPS Ubuntu16.04をデスクトップ/GUI化する

# apt upgrade Reading package lists… Done Building dependency tree Reading state information… Do …

no image

Ubuntu16.04にRedmine3.4をインストールする

Redmineはインストールが煩雑なことで有名である。 最も簡単なインストール方法はAnsible playbookを使用すること。 playbookにより自動インストールをする。 http://re …

no image

8080ポートを使用しているプロセスの調べ方

——————— 環境 Conoha VPS Ubuntu 16.04 ———&# …

no image

Eclipse上のSpringBootアプリをGradleでビルドする