Spring framework

Spring-data-JPA/QueryDSL

投稿日:

DSLとは何でしょうか?

ドメイン固有言語(ドメインこゆうげんご、英: domain-specific language、DSL)とは、特定のタスク向けに設計されたコンピュータ言語を意味する

Qクラスを自動生成する

動的Where句でSELECTする

Querydslを必要とする代表シーンは動的な抽出条件を使用したいときである。例えば検索画面である。

使うには、JPARepositoryに加えて、querydslインターフェースもimplementする。
すると、Predicateクラスを引数にとるfindメソッドが追加される。

-Spring framework

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Spring-data-JPA使用時のbuild.gradleの設定

1.build.grade compile(“org.springframework.boot:spring-boot-starter-data-jpa”) ********* …

no image

DI(依存性の注入)とIoC(制御の反転)はセットで覚える

DI、IoCとは何か IoC(制御の反転)を実現するための方法がDI(依存性の注入)である。 IoC(制御の反転) DI(依存性の注入) 粗結合、抽象化 コンポーネントやモジュール間の依存性がない状態 …

no image

SpringMVCのFormのプロパティはpublic不可、setter/getter必要

SpringMVCのFormはPOJOで作れます。 extend も アノテーションも不要な、ただの箱と言えます。 Formの各プロパティは、 SAStrtusのActionFormでは、public …

no image

アーキテクチャに拘るのはアーキテクトだけでよい

アーキテクチャ、アプリケーションのレイヤー化というのは、アーキテクトがこだわれば良い話である。 あまりそこに拘るがために、肝心のサービス内容を議論することがおざなりになってわいけない。 また、アーキテ …

no image

Gradle/SpringBoot+lombokでsetter/getterコード削減の例

gradle.buiildの記述 dependencies {  compileOnly ‘org.projectlombok:lombok:1.16.18’ //この行を追加する } eclipse …