AI・機械学習・ディープラーニング

エンジニアの勉強のポイント

投稿日:

今から勉強するなら、最先端分野がいいです。

AIがいいです。

今Springやアジャイルを学んでも、給料は上がりません。

10年前なら違ったかもしれません。

SIが今やってる、客先に常駐して顧客の業務システムを開発するというビジネスモデルが古いのです。

20年前からずっと同じやり方を手を変え品を変えやってるだけなのです。

生産性もそんなに上がっていません。

AIを勉強するにしても、入門書ではなく、海外の論文や翻訳書がよいです。

なぜなら日本のビジネスは海外で生まれたビジネスややり方に影響を受けるからです。

特にこのITなんてもろにそうです。最初から最後までそうです。

言語もそうだし、SEOもそうだし、アジャイルもクラウドもブロックチェーンもインフラも確実にそうです。

だから、日本語の誰にも分かる入門書になった時点で古いのです。

本気でAIを仕事にするなら、英語の最先端の論文が良いです。

それを日本でやるだけでビジネスになります。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人工知能を補助する人工知能

人工知能を補助する人工知能が出てくる。

no image

岡谷貴之「深層学習」に挫折したらオライリー「ゼロから作るDeep Learning」

ディープラーニング協会のG検定の推奨書籍である、「深層学習」を読み始めた。 いきなりこれ読んでたら、確実に挫折して、「AI研究なんて、大学院レベルの人がやること…」となっていただろう。 幸い自分は1冊 …

no image

誤差逆伝播法が必要な理由

ディープラーニングの勉強してると、誤差逆伝播法が必ず出てくるんだけど、イマイチなぜ?それが必要なのか分からなかった。 理由 ニューラルネットの層が深くなると、勾配の計算に時間がかかる。 誤差逆伝播法だ …

no image

マンガでわかる人工知能が最初の1冊におすすめ

やっぱりマンガは読みやすい 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)」の次に読んだが、この本の方がわかりやすい。 マンガは読みやすく、(女の子もかわいい)、グ …

no image

AIビジネス脳を考える・鍛える

AIで何ができるか?を理解し、事例を蓄えている。 すべてのものがデータとして認識でき、AIによりどんなROIを出せるかが数字で浮かんでくる。 あらゆるものがAIを入れた時にどうなるか映像で見え、宝の山 …