AI・機械学習・ディープラーニング

エンジニアの勉強のポイント

投稿日:

今から勉強するなら、最先端分野がいいです。

AIがいいです。

今Springやアジャイルを学んでも、給料は上がりません。

10年前なら違ったかもしれません。

SIが今やってる、客先に常駐して顧客の業務システムを開発するというビジネスモデルが古いのです。

20年前からずっと同じやり方を手を変え品を変えやってるだけなのです。

生産性もそんなに上がっていません。

AIを勉強するにしても、入門書ではなく、海外の論文や翻訳書がよいです。

なぜなら日本のビジネスは海外で生まれたビジネスややり方に影響を受けるからです。

特にこのITなんてもろにそうです。最初から最後までそうです。

言語もそうだし、SEOもそうだし、アジャイルもクラウドもブロックチェーンもインフラも確実にそうです。

だから、日本語の誰にも分かる入門書になった時点で古いのです。

本気でAIを仕事にするなら、英語の最先端の論文が良いです。

それを日本でやるだけでビジネスになります。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DeepMindの記事見て触発された

http://gigazine.net/news/20141203-deepmind-demis-hassabis/ Googleに買収されて有名になっていたDeepMindの創業者の記事を読んだ。 …

no image

グーグルに学ぶディープラーニング tensorflow.playgroundの試算

あまりよくなかった。これまでにディープラーニングの入門本は沢山読んできて、ある程度の内容は知っていて、事例を補いたいと思い読んだのですが、「人工知能 解体新書」のほうが有益だった。   気に …

no image

ディープラーニングは機械自体か学習する仕組みがキモ

ディープラーニングの入門書を読んで思うのが、エンジニアが押さえるべきは、機械自体が学習する仕組みを押さえることです。 ディープラーニング オートエンコーダー(自己符号化) 入力と出力の値が同じになるよ …

no image

マンガでわかる人工知能が最初の1冊におすすめ

やっぱりマンガは読みやすい 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)」の次に読んだが、この本の方がわかりやすい。 マンガは読みやすく、(女の子もかわいい)、グ …

no image

損失関数、ニューロンの数、層の深さは何か?

損失関数   ニューロンの数 ニューロンの役割 ここでいうニューロンは単純パーセプトロンのこと。つまり、x1w1+x2w2>bで表されるもの。 この式より、bより大きいものと小さいもの …