書籍・読書

勉強するなら同じ本を5回は読め

投稿日:

最近ずっと読んでる本が、「現場で役立つシステム設計の原則」です。

通勤電車の30分ほど読んでいるのですが、最近やっと内容が理解できて、頭に入ってきました。

5回くらい繰り返し読んでいるのですが、やはり1回読んだだけでは実践できるレベルまではいきません。

現場で適用するうちに、こういう時はどうするんだ?という疑問が湧き、それを本の中に見つけることを繰り返している。

そうしてるうちに、見なくてもわかるようになってきた。

もしくは、あの辺に書いてたなとわかるようになり、ようやく本の意味しているドメイン駆動というものがわかってきた。

現場のソースに適用してるうちに、ようやくフィールドとメソッドを同じクラスに置くことで、ソースの見通しがよくなることを体感するようになってきた。

同じ本は繰り返し読まないと、身にならないことを痛感。

逆に身になるとかなり強い。やはり本は良いこと書いてるので、それが実践できるようになると、レベルアップした感が湧いてくる。

-書籍・読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

あなたの脳のしつけ方を読んで

た退屈、辛い、飽きる という理由で、決めたことをやめたことがありませんか? 続かなくて、自己嫌悪や反省をしたことはありませんか? 実はそれ、脳の性質であり、あなたの「性格」や「資質」の問題ではないので …

no image

決断力の磨き方を読んで

冒頭から素晴らしい言葉が並ぶ。 決めている人ほど悩みが少なく、幸せである複雑にこんがらがった毎日を、スッキリと抜け出す方法がある。考えるのをやめて、決めることに集中することだ。 決められない人ほど不自 …

no image

昇進 政治的、給料 経済的 そんか楽しみしか知らない。 勝つことよりも、強くなること。 真の強者は勝つことだけを求めない。むしろ、負けたときの過程にこそ意味を見出だせるものこそ真の強者である。 考える …

no image

岡谷貴之「深層学習」に挫折したらオライリー「ゼロから作るDeep Learning」

ディープラーニング協会のG検定の推奨書籍である、「深層学習」を読み始めた。 いきなりこれ読んでたら、確実に挫折して、「AI研究なんて、大学院レベルの人がやること…」となっていただろう。 幸い自分は1冊 …

no image

【AI(人口知能)まるわかり】(日経ビジネス)を読んで

 機械学習・ディープラーニングによりAI開発が加速している 機械学習に必要なもの。 大量の学習データ 膨大な計算リソース これらを可能にしたのがgoogleである。計算リソースはGoogle …