書籍・読書

勉強するなら同じ本を5回は読め

投稿日:

最近ずっと読んでる本が、「現場で役立つシステム設計の原則」です。

通勤電車の30分ほど読んでいるのですが、最近やっと内容が理解できて、頭に入ってきました。

5回くらい繰り返し読んでいるのですが、やはり1回読んだだけでは実践できるレベルまではいきません。

現場で適用するうちに、こういう時はどうするんだ?という疑問が湧き、それを本の中に見つけることを繰り返している。

そうしてるうちに、見なくてもわかるようになってきた。

もしくは、あの辺に書いてたなとわかるようになり、ようやく本の意味しているドメイン駆動というものがわかってきた。

現場のソースに適用してるうちに、ようやくフィールドとメソッドを同じクラスに置くことで、ソースの見通しがよくなることを体感するようになってきた。

同じ本は繰り返し読まないと、身にならないことを痛感。

逆に身になるとかなり強い。やはり本は良いこと書いてるので、それが実践できるようになると、レベルアップした感が湧いてくる。

-書籍・読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

現場で役立つシステム設計の原則

増田亨氏(株式会社ギルドワークスのエンジニア)の「現場で役立つシステム設計の原則」という本を読みました。 きっかけは、次案件でSpringMVCを使って画面の設計以降を任されることになったのですが、あ …

no image

【Python クローリング&スクレイピング】を読んで

紀伊国屋で買いました。 カバー外してます。 クローリングフレームワーク lxml Beautiful Soup Scrapy クローリング→データ収集 スクレイピング→収集したものからデータ抽出するこ …

no image

グーグルに学ぶディープラーニング tensorflow.playgroundの試算

あまりよくなかった。これまでにディープラーニングの入門本は沢山読んできて、ある程度の内容は知っていて、事例を補いたいと思い読んだのですが、「人工知能 解体新書」のほうが有益だった。   気に …

no image

人工知能解体新書 ゼロからわかる人工知能のしくみと活用

この本は良かった。実用例が豊富だから。IBM Watsonの解説が多いんだけど、それだけWatsonはAI産業で重要なポジションを占めているってことがわかった。G検定の推薦図書では具体例が少なくて、「 …

no image

昇進 政治的、給料 経済的 そんか楽しみしか知らない。 勝つことよりも、強くなること。 真の強者は勝つことだけを求めない。むしろ、負けたときの過程にこそ意味を見出だせるものこそ真の強者である。 考える …