AI・機械学習・ディープラーニング

AIが得意そうなこと・ビジネス開発

投稿日:2018年3月15日 更新日:

比較・検討

レコメンデーション(推薦)と呼ばれる分野。

この人は⚫⚫を買いそうだ というものの提案。

定型業務

法律

軽微な交通事故のようなものは、訴訟パターンが決まっている。過去の事例を解析して、勝てるパターン負けるパターンを推論することができる。

弁護士や一般人向けのサービスが作れる。

AIとWebは相性よし

全自動のビジネスが構築できる可能性も。

AIと既存システムを作ることで自動化。

  • 何をAIで判定して
  • 何をユーザーに提示するか?

AIが判定した結果を元に、ユーザーに何かを提示する事がまず思い付く。

使えそうレベルではNG

機械学習に必要な膨大なデータが手にはいるかが鍵です。

膨大なデータを既にもっているところは直ぐにAIを導入できる。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ニューラルネットワーク

パーセプトロンのyに対して、活性化関数を掛けたもの。 活性化関数 シグモイド関数 ステップ関数 ReLU(Rectified Jiner Unit) 両者は非線形関数である。ニューラルネットワークでは …

no image

マンガでわかる人工知能が最初の1冊におすすめ

やっぱりマンガは読みやすい 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)」の次に読んだが、この本の方がわかりやすい。 マンガは読みやすく、(女の子もかわいい)、グ …

no image

Windows7で「ゼロから作るDeep Learning」を実装していく

IDE Pycharmがお勧め。 PycharmのFile>Default Settings>Project Interpreterで、 右上の緑の「+」ボタンから、「numpy」と「matplotl …

no image

人工知能を補助する人工知能

人工知能を補助する人工知能が出てくる。

no image

numpy 配列の乗算

import numpy as np x = np.array([0,1]) w = np.array([0,5],[0.5]) print x*w >>>[0. 0.5] このよう …