AI・機械学習・ディープラーニング

ディープラーニングは機械自体が学習する

投稿日:

歴史

2012年のImageNetで圧勝したトロント大学の機械学習の方法が「ディープラーニング(深層学習)」である。

発案者は同大学教授のジェフリー・ヒントン。

本質

ディープラーニングは、予測能力を以前より大幅に高める技術である。

逆に言うと、予測能力の向上にすぎない。

インパクト

ディープラーニング以前

特徴量を人が苦手職人芸で設定。エラー率は26%。

ディープラーニング

特徴量を機械が学習して設定。エラー率は15%。

人口知能における50年来のブレークスルーと呼ばれている。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【AI(人口知能)まるわかり】(日経ビジネス)を読んで

 機械学習・ディープラーニングによりAI開発が加速している 機械学習に必要なもの。 大量の学習データ 膨大な計算リソース これらを可能にしたのがgoogleである。計算リソースはGoogle …

no image

AIはデータ分析の手法の1つ

に過ぎない。 AIと切っても切れない。AIが成立する大前提になってるのが、ビッグデータです。 ビッグデータを成立させているのが、大規模分散処理による高速化です。 今まで何十時間もかかっていたことが、数 …

no image

ニューラルネットワーク

パーセプトロンのyに対して、活性化関数を掛けたもの。 活性化関数 シグモイド関数 ステップ関数 ReLU(Rectified Jiner Unit) 両者は非線形関数である。ニューラルネットワークでは …

no image

何を学習するか?考えると、データがないと始まらない。

さて、Amazon Machine Learningを使ってみた。もっと他にも試してみたいなと思った。 そこで思った。 まず「大量データ」を準備するのが大変だ。 「データ」を使って何を予測すればよいか …

no image

ディープラーニングの分かりやすい記事まとめ

入門・解説記事 深層学習を勉強して説明してみた https://research.preferred.jp/2012/11/deep-learning/ 業界を代表するブログ https://rese …