AI・機械学習・ディープラーニング

ディープラーニングは機械自体が学習する

投稿日:

歴史

2012年のImageNetで圧勝したトロント大学の機械学習の方法が「ディープラーニング(深層学習)」である。

発案者は同大学教授のジェフリー・ヒントン。

本質

ディープラーニングは、予測能力を以前より大幅に高める技術である。

逆に言うと、予測能力の向上にすぎない。

インパクト

ディープラーニング以前

特徴量を人が苦手職人芸で設定。エラー率は26%。

ディープラーニング

特徴量を機械が学習して設定。エラー率は15%。

人口知能における50年来のブレークスルーと呼ばれている。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

誤差逆伝播法が必要な理由

ディープラーニングの勉強してると、誤差逆伝播法が必ず出てくるんだけど、イマイチなぜ?それが必要なのか分からなかった。 理由 ニューラルネットの層が深くなると、勾配の計算に時間がかかる。 誤差逆伝播法だ …

no image

グーグルに学ぶディープラーニング tensorflow.playgroundの試算

あまりよくなかった。これまでにディープラーニングの入門本は沢山読んできて、ある程度の内容は知っていて、事例を補いたいと思い読んだのですが、「人工知能 解体新書」のほうが有益だった。   気に …

no image

マンガでわかる人工知能が最初の1冊におすすめ

やっぱりマンガは読みやすい 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)」の次に読んだが、この本の方がわかりやすい。 マンガは読みやすく、(女の子もかわいい)、グ …

no image

AIが得意そうなこと・ビジネス開発

比較・検討 レコメンデーション(推薦)と呼ばれる分野。 この人は⚫⚫を買いそうだ というものの提案。 定型業務 法律 軽微な交通事故のようなものは、訴訟パターンが決まっている。過去の事例を解析して、勝 …

no image

DeepMindの記事見て触発された

http://gigazine.net/news/20141203-deepmind-demis-hassabis/ Googleに買収されて有名になっていたDeepMindの創業者の記事を読んだ。 …