comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グーグルに学ぶディープラーニング tensorflow.playgroundの試算

あまりよくなかった。これまでにディープラーニングの入門本は沢山読んできて、ある程度の内容は知っていて、事例を補いたいと思い読んだのですが、「人工知能 解体新書」のほうが有益だった。   気に …

no image

線形関数を活性化関数に用いてはいけない理由

線形関数とは y=ax(aは定数)のこと。 線形関数で層を重ねると 1層目 y=ax 2層目 y=a(ax)=a2x 3層目 y=a(a(ax)=a3x ・・・ n層目 y=anx このようになってし …

no image

AWSの機械学習サービス

 サービス 概要 補足 SaaS/PaaS Amazon SageMaker  機械学習環境。事前に容易されたモデル又は独自のモデル(TensorFlow,MXNetなど)を使って分散学習ができる。S …

no image

ディープラーニングのフレームワーク

名前 ユースケース メリット TensorFlow google MNIST(手書き数字を判別)、CNN(画像認識)、Word2Vec(各単語の関係を学習)、RNN(文章から次の単語予測)、Seq2S …

no image

ディープラーニングは機械自体か学習する仕組みがキモ

ディープラーニングの入門書を読んで思うのが、エンジニアが押さえるべきは、機械自体が学習する仕組みを押さえることです。 ディープラーニング オートエンコーダー(自己符号化) 入力と出力の値が同じになるよ …