AI・機械学習・ディープラーニング

パーセプトロン

投稿日:

パーセプトロンとは?

パーセプトロン(perceptron)はアルゴリズムの1つである。
ローゼンブラットというアメリカの心理学者・計算機科学者が1957年に考案した。
ニューラルネットワークの起源となるアルゴリズムである。

複数の信号を入力として受け取り、一つの信号を出力する。
出力する信号は「流す(1) or 流さない(0)」の二値である。

これが最も単純なパーセプトロンである。
x1,x2が入力信号で、yが出力信号である。
x1にw1という重みを掛け、x2にw2という重みを掛け、それぞれの和がある値を超えた場合にy=1となり、ある値未満のときはy=0となる。
このときの「ある値」を「閾値」とよび、θ(シータ theta)で表す。

よって
y = 0 (x1*w1 + x2*w2 <= θ)
y = 1 (x1*w1 + x2*w2 > θ)
このようになる。

閾値をバイアス(b)として、このように変換できる。
y = 0 (b + x1*w1 + x2*w2 <= 0)
y = 1 (b + x1*w1 + x2*w2 > 0)

パーセプトロンの限界


x-y軸をもつ2次元グラフ上で、直線による領域(=線形領域)しか表現できない。


曲線領域(=非線形領域)を表現することができない。

多層パーセプトロン

パーセプトロンを連結する(=層を重ねる)ことにより、非線形を扱えるようになる。
1つのみからなるパーセプトロンを単純パーセプトロンと呼ぶ。
単純パーセプトロンを複数重ねたものを多層パーセプトロン(multi-layered perceptron)と呼ぶ。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AIで起業

AIで起業したい人。どんなアイデアが良いでしょうか? ソフトバンクグループ(SBG)がサウジアラビアなどと立ち上げたファンドの投資先が約20社となり、投資額が2兆円を超えたことがわかった。フィンテック …

no image

誤差逆伝播法が必要な理由

ディープラーニングの勉強してると、誤差逆伝播法が必ず出てくるんだけど、イマイチなぜ?それが必要なのか分からなかった。 理由 ニューラルネットの層が深くなると、勾配の計算に時間がかかる。 誤差逆伝播法だ …

no image

グーグルに学ぶディープラーニング tensorflow.playgroundの試算

あまりよくなかった。これまでにディープラーニングの入門本は沢山読んできて、ある程度の内容は知っていて、事例を補いたいと思い読んだのですが、「人工知能 解体新書」のほうが有益だった。   気に …

no image

【AI(人口知能)まるわかり】(日経ビジネス)を読んで

 機械学習・ディープラーニングによりAI開発が加速している 機械学習に必要なもの。 大量の学習データ 膨大な計算リソース これらを可能にしたのがgoogleである。計算リソースはGoogle …

no image

マンガでわかる人工知能が最初の1冊におすすめ

やっぱりマンガは読みやすい 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)」の次に読んだが、この本の方がわかりやすい。 マンガは読みやすく、(女の子もかわいい)、グ …