AI・機械学習・ディープラーニング

パーセプトロン

投稿日:

パーセプトロンとは?

パーセプトロン(perceptron)はアルゴリズムの1つである。
ローゼンブラットというアメリカの心理学者・計算機科学者が1957年に考案した。
ニューラルネットワークの起源となるアルゴリズムである。

複数の信号を入力として受け取り、一つの信号を出力する。
出力する信号は「流す(1) or 流さない(0)」の二値である。

これが最も単純なパーセプトロンである。
x1,x2が入力信号で、yが出力信号である。
x1にw1という重みを掛け、x2にw2という重みを掛け、それぞれの和がある値を超えた場合にy=1となり、ある値未満のときはy=0となる。
このときの「ある値」を「閾値」とよび、θ(シータ theta)で表す。

よって
y = 0 (x1*w1 + x2*w2 <= θ)
y = 1 (x1*w1 + x2*w2 > θ)
このようになる。

閾値をバイアス(b)として、このように変換できる。
y = 0 (b + x1*w1 + x2*w2 <= 0)
y = 1 (b + x1*w1 + x2*w2 > 0)

パーセプトロンの限界


x-y軸をもつ2次元グラフ上で、直線による領域(=線形領域)しか表現できない。


曲線領域(=非線形領域)を表現することができない。

多層パーセプトロン

パーセプトロンを連結する(=層を重ねる)ことにより、非線形を扱えるようになる。
1つのみからなるパーセプトロンを単純パーセプトロンと呼ぶ。
単純パーセプトロンを複数重ねたものを多層パーセプトロン(multi-layered perceptron)と呼ぶ。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

マンガでわかる人工知能が最初の1冊におすすめ

やっぱりマンガは読みやすい 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)」の次に読んだが、この本の方がわかりやすい。 マンガは読みやすく、(女の子もかわいい)、グ …

no image

ディープラーニングは機械自体か学習する仕組みがキモ

ディープラーニングの入門書を読んで思うのが、エンジニアが押さえるべきは、機械自体が学習する仕組みを押さえることです。 ディープラーニング オートエンコーダー(自己符号化) 入力と出力の値が同じになるよ …

no image

エンジニアの勉強のポイント

今から勉強するなら、最先端分野がいいです。 AIがいいです。 今Springやアジャイルを学んでも、給料は上がりません。 10年前なら違ったかもしれません。 SIが今やってる、客先に常駐して顧客の業務 …

no image

AIはデータ分析の手法の1つ

に過ぎない。 AIと切っても切れない。AIが成立する大前提になってるのが、ビッグデータです。 ビッグデータを成立させているのが、大規模分散処理による高速化です。 今まで何十時間もかかっていたことが、数 …

no image

Windows7で「ゼロから作るDeep Learning」を実装していく

IDE Pycharmがお勧め。 PycharmのFile>Default Settings>Project Interpreterで、 右上の緑の「+」ボタンから、「numpy」と「matplotl …