AI・機械学習・ディープラーニング

AIビジネス脳を考える・鍛える

投稿日:

AIで何ができるか?を理解し、事例を蓄えている。

すべてのものがデータとして認識でき、AIによりどんなROIを出せるかが数字で浮かんでくる。

あらゆるものがAIを入れた時にどうなるか映像で見え、宝の山に見えてくる。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AWS、GCPで簡単な機械学習APIが提供されていると言えども

イルカ本など読み終えて、さあ、試しに簡単なアプリでも作ってみようか!と思っても、やはり実際にAIアプリを作れるかといえばそう簡単ではないことが分かった。 例えばAmazon Machine Learn …

no image

ディープラーニングのフレームワーク

名前 ユースケース メリット TensorFlow google MNIST(手書き数字を判別)、CNN(画像認識)、Word2Vec(各単語の関係を学習)、RNN(文章から次の単語予測)、Seq2S …

no image

AIが得意そうなこと・ビジネス開発

比較・検討 レコメンデーション(推薦)と呼ばれる分野。 この人は⚫⚫を買いそうだ というものの提案。 定型業務 法律 軽微な交通事故のようなものは、訴訟パターンが決まっている。過去の事例を解析して、勝 …

no image

AWSの機械学習サービス

 サービス 概要 補足 SaaS/PaaS Amazon SageMaker  機械学習環境。事前に容易されたモデル又は独自のモデル(TensorFlow,MXNetなど)を使って分散学習ができる。S …

no image

AIの俯瞰2

人工知能研究にあった大きな壁 機械学習に使う情報量の不足 コンピューター性能の不足 機械学習に使う情報量の不足 インターネットの登場→ビッグデータ 検索技術=マイニングにより、ビッグデータからひつよ …