AI・機械学習・ディープラーニング

AIビジネス脳を考える・鍛える

投稿日:

AIで何ができるか?を理解し、事例を蓄えている。

すべてのものがデータとして認識でき、AIによりどんなROIを出せるかが数字で浮かんでくる。

あらゆるものがAIを入れた時にどうなるか映像で見え、宝の山に見えてくる。

-AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エンジニアの勉強のポイント

今から勉強するなら、最先端分野がいいです。 AIがいいです。 今Springやアジャイルを学んでも、給料は上がりません。 10年前なら違ったかもしれません。 SIが今やってる、客先に常駐して顧客の業務 …

no image

Windows7で「ゼロから作るDeep Learning」を実装していく

IDE Pycharmがお勧め。 PycharmのFile>Default Settings>Project Interpreterで、 右上の緑の「+」ボタンから、「numpy」と「matplotl …

no image

ディープラーニングは機械自体か学習する仕組みがキモ

ディープラーニングの入門書を読んで思うのが、エンジニアが押さえるべきは、機械自体が学習する仕組みを押さえることです。 ディープラーニング オートエンコーダー(自己符号化) 入力と出力の値が同じになるよ …

no image

AWSの機械学習サービス

 サービス 概要 補足 SaaS/PaaS Amazon SageMaker  機械学習環境。事前に容易されたモデル又は独自のモデル(TensorFlow,MXNetなど)を使って分散学習ができる。S …

no image

マンガでわかる人工知能が最初の1冊におすすめ

やっぱりマンガは読みやすい 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)」の次に読んだが、この本の方がわかりやすい。 マンガは読みやすく、(女の子もかわいい)、グ …