書籍・読書 AI・機械学習・ディープラーニング

岡谷貴之「深層学習」に挫折したらオライリー「ゼロから作るDeep Learning」

投稿日:

ディープラーニング協会のG検定の推奨書籍である、「深層学習」を読み始めた。

いきなりこれ読んでたら、確実に挫折して、「AI研究なんて、大学院レベルの人がやること…」となっていただろう。

幸い自分は1冊目が「ゼロから作るDeep Learning」だったから、「深層学習」を読んでも、辟易することはなかった。

「深層学習」の前に読んだ方がいいですよ。「深層学習」は結論となる数式しか出て来ないけど、「ゼロから作るDeep Learning」はその導出過程が優しく書かれている(高校数学レベルで)ので、ちゃんと地道に読んでいけば、理解できるレベルです。

-書籍・読書, AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AIが得意そうなこと・ビジネス開発

比較・検討 レコメンデーション(推薦)と呼ばれる分野。 この人は⚫⚫を買いそうだ というものの提案。 定型業務 法律 軽微な交通事故のようなものは、訴訟パターンが決まっている。過去の事例を解析して、勝 …

no image

AIで起業

AIで起業したい人。どんなアイデアが良いでしょうか? ソフトバンクグループ(SBG)がサウジアラビアなどと立ち上げたファンドの投資先が約20社となり、投資額が2兆円を超えたことがわかった。フィンテック …

no image

ディープラーニングは機械自体か学習する仕組みがキモ

ディープラーニングの入門書を読んで思うのが、エンジニアが押さえるべきは、機械自体が学習する仕組みを押さえることです。 ディープラーニング オートエンコーダー(自己符号化) 入力と出力の値が同じになるよ …

no image

昇進 政治的、給料 経済的 そんか楽しみしか知らない。 勝つことよりも、強くなること。 真の強者は勝つことだけを求めない。むしろ、負けたときの過程にこそ意味を見出だせるものこそ真の強者である。 考える …

no image

AIの俯瞰

AI=Artifical Inteligence=人口知能 AIの適用領域 画像認識 Visual Recognition ImageNet というコンテストがある。何の画像かAIが見極める競技である …