書籍・読書 AI・機械学習・ディープラーニング

人工知能解体新書 ゼロからわかる人工知能のしくみと活用

投稿日:2018年4月30日 更新日:

この本は良かった。実用例が豊富だから。IBM Watsonの解説が多いんだけど、それだけWatsonはAI産業で重要なポジションを占めているってことがわかった。G検定の推薦図書では具体例が少なくて、「で、AIって何ができるの?」って聞かれた時に答えられない。自分は「で、AIで何ができるの?」って聞かれた時に答えられるようになりたくてこの本を読んだ。WatsonはAI産業で先じていて、今後SIerがAI産業に参入するときに、Watsonを使ってアプリ構築して、それをサブスクリプションモデルで売るというのが一般的になるだろう。Watsonに限らず、AWSでもGCPでもAzureでもそうで、ディープラーニングのモデル自体はAPIで提供されてるから、エンジニアは研究者になる必要はない。むしろそれらAPIを使いこなすスキルが必要名で、そのためにディープラーニングの基礎知識や原理は知っておく必要があるから、そのために自分は今AIを勉強している。APIを使いこなしたら、他社が使っているのと同じディープラーニングが使えるんだから、技術レベルは同じになる。ディープラーニングの技術では差別化はできなくなるから、あとはそれでいかに顧客を喜ばせるかというだけになる。そのためのノウハウは実案件から学ぶ必要がある。

-書籍・読書, AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【Python クローリング&スクレイピング】を読んで

紀伊国屋で買いました。 カバー外してます。 クローリングフレームワーク lxml Beautiful Soup Scrapy クローリング→データ収集 スクレイピング→収集したものからデータ抽出するこ …

no image

君は1万円札を破れるか?

これ、お気に入りの本です。先日、自分の子どもも資本主義の洗礼で、コントロール不可能に陥ってることを見て、危機感を覚えました。 再度、資本主義の洗脳を解きたいと思い、読み返すことにした。 お金の本質 お …

no image

ディープラーニングは機械自体か学習する仕組みがキモ

ディープラーニングの入門書を読んで思うのが、エンジニアが押さえるべきは、機械自体が学習する仕組みを押さえることです。 ディープラーニング オートエンコーダー(自己符号化) 入力と出力の値が同じになるよ …

no image

【夢をかなえる方程式(苫米地英人 著)】を読んで

ブリーフ 人それぞれの考え方や見方 ブリーフがその人のパフォーマンスを決定する 人はブリーフに合致しない行動はとれない 例 禁煙、ダイエットに一時的に成功しても元に戻る。 ブリーフの集合=セルフイメー …

no image

パーセプトロン

パーセプトロンとは? パーセプトロン(perceptron)はアルゴリズムの1つである。 ローゼンブラットというアメリカの心理学者・計算機科学者が1957年に考案した。 ニューラルネットワークの起源と …