書籍・読書 AI・機械学習・ディープラーニング

人工知能解体新書 ゼロからわかる人工知能のしくみと活用

投稿日:2018年4月30日 更新日:

この本は良かった。実用例が豊富だから。IBM Watsonの解説が多いんだけど、それだけWatsonはAI産業で重要なポジションを占めているってことがわかった。G検定の推薦図書では具体例が少なくて、「で、AIって何ができるの?」って聞かれた時に答えられない。自分は「で、AIで何ができるの?」って聞かれた時に答えられるようになりたくてこの本を読んだ。WatsonはAI産業で先じていて、今後SIerがAI産業に参入するときに、Watsonを使ってアプリ構築して、それをサブスクリプションモデルで売るというのが一般的になるだろう。Watsonに限らず、AWSでもGCPでもAzureでもそうで、ディープラーニングのモデル自体はAPIで提供されてるから、エンジニアは研究者になる必要はない。むしろそれらAPIを使いこなすスキルが必要名で、そのためにディープラーニングの基礎知識や原理は知っておく必要があるから、そのために自分は今AIを勉強している。APIを使いこなしたら、他社が使っているのと同じディープラーニングが使えるんだから、技術レベルは同じになる。ディープラーニングの技術では差別化はできなくなるから、あとはそれでいかに顧客を喜ばせるかというだけになる。そのためのノウハウは実案件から学ぶ必要がある。

-書籍・読書, AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

何を学習するか?考えると、データがないと始まらない。

さて、Amazon Machine Learningを使ってみた。もっと他にも試してみたいなと思った。 そこで思った。 まず「大量データ」を準備するのが大変だ。 「データ」を使って何を予測すればよいか …

no image

DeepMindの記事見て触発された

http://gigazine.net/news/20141203-deepmind-demis-hassabis/ Googleに買収されて有名になっていたDeepMindの創業者の記事を読んだ。 …

no image

ディープラーニングは機械自体が学習する

歴史 2012年のImageNetで圧勝したトロント大学の機械学習の方法が「ディープラーニング(深層学習)」である。 発案者は同大学教授のジェフリー・ヒントン。 本質 ディープラーニングは、予測能力を …

no image

AIが得意そうなこと・ビジネス開発

比較・検討 レコメンデーション(推薦)と呼ばれる分野。 この人は⚫⚫を買いそうだ というものの提案。 定型業務 法律 軽微な交通事故のようなものは、訴訟パターンが決まっている。過去の事例を解析して、勝 …

no image

ディープラーニングは機械自体か学習する仕組みがキモ

ディープラーニングの入門書を読んで思うのが、エンジニアが押さえるべきは、機械自体が学習する仕組みを押さえることです。 ディープラーニング オートエンコーダー(自己符号化) 入力と出力の値が同じになるよ …