書籍・読書

君は1万円札を破れるか?

投稿日:

これ、お気に入りの本です。先日、自分の子どもも資本主義の洗礼で、コントロール不可能に陥ってることを見て、危機感を覚えました。

再度、資本主義の洗脳を解きたいと思い、読み返すことにした。

お金の本質

お金の本質は 情報 である。
情報 なので、無限に作り出すことができる。

例 金、ダイヤモンド、石油 これらは有限。

世界の支配者は情報を無限に増やしている。

お金をもっている量、お金を稼げる量がその人の価値という勘違い(洗脳)。

脳内に書き込む

  1. お金に絶対的な価値はない
  2. お金がなくても死なない

お金に支配されないための前提条件。

自分の労働の対価を自分で決める。会社に給料を決められているのはありえない状態。

バーチャルバリュー

情報空間(反対は物理空間)における付加価値をバーチャルバリューと呼ぶ。

現代社会はにおける価値は情報空間における価値に移行している。

情報空間における付加価値を高めれば、お金はついてくる。

自分の労働の成果に対して、「これだけの価値がありますよ」とお金を支払う人に納得させることができればいい。その説得力の強さが鍵。

最も大事なこと

お金に困らなくなるには、「自分が好きなこと・やりたいこと(want to)」を追及するしかない。

ということです。

やりたいこと want to を見つけることができれば、終わり。

-書籍・読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

時間のない人程、本を読むべき。

本ほど時間短縮になるものはない。 編集者が読みやすく編集してくれてるんだから。 ブログやネットの記事は素人が書いたものであるから、正確性を担保する必要もないし、読みやすく配慮するには時間がかかるから、 …

no image

【夢をかなえる方程式(苫米地英人 著)】を読んで

ブリーフ 人それぞれの考え方や見方 ブリーフがその人のパフォーマンスを決定する 人はブリーフに合致しない行動はとれない 例 禁煙、ダイエットに一時的に成功しても元に戻る。 ブリーフの集合=セルフイメー …

no image

昇進 政治的、給料 経済的 そんか楽しみしか知らない。 勝つことよりも、強くなること。 真の強者は勝つことだけを求めない。むしろ、負けたときの過程にこそ意味を見出だせるものこそ真の強者である。 考える …

no image

現場で役立つシステム設計の原則

増田亨氏(株式会社ギルドワークスのエンジニア)の「現場で役立つシステム設計の原則」という本を読みました。 きっかけは、次案件でSpringMVCを使って画面の設計以降を任されることになったのですが、あ …

no image

いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本

この本はAIプロジェクトのプロマネ、コンサルは必携の本。 エンジニアもAI案件に携わるなら、全工程を見通すために役に立ちます。 各工程でのポイントがよくまとめられているため、具体的な AIで起業する場 …