脳科学

脳の階層・前頭葉が大事

投稿日:

脳は生物進化の伴い機能が追加されていった。後から追加された脳は、元からあった脳を決め細やかにコントロールできる。

http://iyashi.find21.net/psystory/psect12.html

脳幹 爬虫類以降の脳 個と種の保存・生存本能

大脳辺縁系 鳥類、下等哺乳類(ヒト・サル以外) 情動

大脳新皮質 高等哺乳類 自我・意識・思考

脳幹

構成部位

  • 脳幹
  • 大脳基底核

機能

爬虫類はこの部位だけ。そのため、刺激に対して、生存本能に基づく決まりきった反応しか見せない。

食欲、性欲、なわばり、仲間作り、攻撃、危険回避

大脳辺縁系

機能

恐怖、怒り、愛着、嫌悪、喜び、悲しみ

大脳新皮質

構成部位

  • 前頭葉
  • 後頭葉
  • 側頭葉
  • 頭頂葉

機能

頭頂葉 視覚

後頭葉 運動性・体感覚

側頭葉 言語・記憶

前頭葉 意欲・興味・判断・他部位のコントロール(抑制)

最も高次の処理をするのが前頭葉の前頭前野。

前頭葉が最重要

脳は使えば使うほど鍛えられる。

あるサイトによると、前頭葉を鍛える最良の方法は、音読らしい。

できるだけ速いスピードで音読すると良いらしい。

前頭葉はモチベーションにも影響しているらしく、音読を習慣化するだけで、モチベーションが自然とアップするらしい。

-脳科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

空観・仮観・中観

空観 全てのものは空である、全てのものは幻想であるという観念。 仮観 空観の逆。全てのものは実態をもつものであるという観念。 中観 空観と仮観の間。全てのものは実態があるが、同時に空でもある。