AWS AI・機械学習・ディープラーニング

AWSの機械学習サービス

投稿日:

 サービス 概要 補足 SaaS/PaaS
Amazon SageMaker  機械学習環境。事前に容易されたモデル又は独自のモデル(TensorFlow,MXNetなど)を使って分散学習ができる。Sageとは賢者のこと。機械学習のあらゆるフェーズの補助であり、主に3つのフェーズからなる。

  • オーサリング(データ整理)…jupyter notebook IDEを使用
  • トレーニング(モデル構築)…準備された又は独自のモデルを使用
  • ホスティング(デプロイ)…予測APIを自動生成し、HTTPS  URLを発行する
 他サイト記事  PaaS
Amazon Comprehend  自然言語解析。文章から人名、地名、組織名(会社名他)、日付を抽出する。 英語、スペイン語(日本語なし) SaaS
AWS DeepLens  動画版Amazon Rekognition。動画内の物体識別、二値分類、顔認識、行動認識。 DeepLens(ビデオカメラ)は$249.00。  SaaS
Amazon Lex  チャットボットを作成する  SaaS
Machine Learning  CSV形式の構造化データから、二値分類、クラス分類、回帰予測を作成する  アルゴリズムは分からない GUI/SaaS
Amazon Polly テキスト読み上げ機能は、クラウド内でテキストを自然な音声に変換します。生成された音声は、コンソールからダウンロードするか、API を経由してアプリケーションやサービスに直接ストリーミングできます。 日本語あり  SaaS
Amazon Rekognition ディープラーニングベースの視覚分析サービス
数百万ものイメージとビデオを検索、検証、整理します
画像認識:オブジェクト検出  SaaS
Amazon Transcribe 文字起こし 英語、スペイン語(日本語なし)  SaaS
Amazon Translate 翻訳 英語、スペイン語他(日本語なし) SaaS

機械学習というサービスカテゴリの中にあるが、実際はディープラーニング技術を活用したSaaSである。

-AWS, AI・機械学習・ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AWS Lambda

用途・不向きな用途 重い処理は不向き。軽い処理を大量にこなすことを想定。 セッションを使用したステートフルなアプリはEC2で。ステートレスアプリが前提である。 高いレスポンスが求められる用途。lamb …

no image

AWSとGCPどっちがいいの?まとめ

世界観 AWS インフラを自由自在に調達 GCP Googleのインフラを拝借 https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/12739/ サイバ …

no image

線形関数を活性化関数に用いてはいけない理由

線形関数とは y=ax(aは定数)のこと。 線形関数で層を重ねると 1層目 y=ax 2層目 y=a(ax)=a2x 3層目 y=a(a(ax)=a3x ・・・ n層目 y=anx このようになってし …

no image

AWS、GCPで簡単な機械学習APIが提供されていると言えども

イルカ本など読み終えて、さあ、試しに簡単なアプリでも作ってみようか!と思っても、やはり実際にAIアプリを作れるかといえばそう簡単ではないことが分かった。 例えばAmazon Machine Learn …

no image

グーグルに学ぶディープラーニング tensorflow.playgroundの試算

あまりよくなかった。これまでにディープラーニングの入門本は沢山読んできて、ある程度の内容は知っていて、事例を補いたいと思い読んだのですが、「人工知能 解体新書」のほうが有益だった。   気に …