AI・機械学習

AWSの機械学習サービスをまとめてみた

更新日:

 サービス 概要 補足 SaaS/PaaS
Amazon SageMaker  機械学習環境。事前に容易されたモデル又は独自のモデル(TensorFlow,MXNetなど)を使って分散学習ができる。Sageとは賢者のこと。機械学習のあらゆるフェーズの補助であり、主に3つのフェーズからなる。

  • オーサリング(データ整理)…jupyter notebook IDEを使用
  • トレーニング(モデル構築)…準備された又は独自のモデルを使用
  • ホスティング(デプロイ)…予測APIを自動生成し、HTTPS  URLを発行する
 他サイト記事  PaaS
Amazon Comprehend  自然言語解析。文章から人名、地名、組織名(会社名他)、日付を抽出する。 英語、スペイン語(日本語なし) SaaS
AWS DeepLens  動画版Amazon Rekognition。動画内の物体識別、二値分類、顔認識、行動認識。 DeepLens(ビデオカメラ)は$249.00。  SaaS
Amazon Lex  チャットボットを作成する  SaaS
Machine Learning  CSV形式の構造化データから、二値分類、クラス分類、回帰予測を作成する  アルゴリズムは分からない GUI/SaaS
Amazon Polly テキスト読み上げ機能は、クラウド内でテキストを自然な音声に変換します。生成された音声は、コンソールからダウンロードするか、API を経由してアプリケーションやサービスに直接ストリーミングできます。 日本語あり  SaaS
Amazon Rekognition ディープラーニングベースの視覚分析サービス
数百万ものイメージとビデオを検索、検証、整理します
画像認識:オブジェクト検出  SaaS
Amazon Transcribe 文字起こし 英語、スペイン語(日本語なし)  SaaS
Amazon Translate 翻訳 英語、スペイン語他(日本語なし) SaaS

機械学習というサービスカテゴリの中にあるが、実際はディープラーニング技術を活用したSaaSである。

【転職のプロが薦める】Web系自社開発のための転職エージェントランキング!

 転職満足度は『「いかに自分の希望にあう、条件のよい」企業から内定が出たか』で決まります。そのため、Web系企業に転職するときのエージェントを選ぶポイントは、「Web系企業の求人」をいくつ持っているかに尽きます。なので、総合大手よりも、Web系企業の求人を多くもつIT専門転職エージェントがオススメです。

ギークリー

  • Web系企業の求人数は9000以上とダントツに多い。
  • 「リクナビNEXTエージェントNetwork」にて、「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」で1位獲得!
  • 「営業が強い」という口コミが多いが、その分熱心に求人を提案してくれる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京・神奈川・埼玉・千葉で勤務できるエンジニアが対象。

レバテックキャリア

  • Web系企業の求人数が4000以上と豊富
  • 「GOOD AGENT AWARD」で「2018年金賞」受賞!
  • 転職業界の人間同士の会話でも、ITといえばレバテックとまず挙がる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、福岡で勤務できるエンジニアが対象。

ワークポート

  • 求人数は2000以上と上2社より少ないが、古くからIT専門として有名。
  • 「GOOD AGENT RANKING」で「転職決定人数部門」第1位獲得!
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単

-AI・機械学習

Copyright© SIerからWeb系自社開発に転職!失敗して感じたたった1つの後悔 , 2019 All Rights Reserved.