転職エージェント

(知らなくても困らない)転職エージェントに関する5つの裏話

更新日:

企業に対する転職者の保証期間はありますか?

のりっく転職エージェントが求人を仲介してくれた場合、転職者側はお金を払いませんが、企業側は内定した年収の30%ぐらいをエージェントに手数料として払います。すごい金額ですよね。年収500万円で内定を出したら、150万円をエージェントに支払うのです。

そんなお金を払って獲得した転職者が、すぐに辞めてしまうと企業も困ってしまいます。そのため、転職エージェントは保証期間を設けています。

A子エージェントと企業の契約によりますが、3ヶ月~6ヶ月で設定しているところが多くて、1カ月目に転職者が辞めると50~80%(100%ではない!)は返金するというのが多いですね。手数料を安くするかわりに、その保証期間はなしにするという契約をする場合もあります。

リクナビのスカウト経由と自社サイト経由では、熱意が変わりますか?

のりっくリクナビNEXTに登録すると、いろんな転職エージェントからスカウトメールが届きます。結構魅力的な求人だったりするんですよね。ただし、リクナビNEXTでスカウトしたエンジニアを、エージェントが仲介して転職させた場合、エージェントはリクルートに対して、これまた膨大な金額を支払っているんですよ。

一方、転職エージェントの自社サイトでエントリーしてくれたら、その膨大な金額を支払わずに済みます。

なので、リクナビでスカウトしたエンジニアより、自社サイトからエントリーしてくれたエンジニアでは、「この人にはいい企業を紹介して転職してほしい!」という真剣度が高いのではないか?という、完全に興味ベースの質問です。

A子それはそんなに変わらないと思います。特に、超大手の転職エージェントだとそうです。

ですが、誰も名前を知らないような転職エージェントだと、まず自社サイトからエントリーは来ないと思うんですね。なので、わざわざ自社サイトからエントリーしてくれるということは、「転職者の熱意は高い」と推測するかもしれませんね。ですがそれによって、仕事に対する真剣度が変わりはしないと思いますよ。

でも、自社サイトからエントリーすると、リクナビのスカウトと違って、「まだ他社エージェントは声をかけてないかもしれない」と推測するエージェントもあるかもしれませんね。

他社の転職エージェントと、Web系企業について情報交換はしている?

A子他社の転職エージェントと知り合う機会は2つあります。1つは、人材紹介・転職エージェントの業界内の交流会です。自発的に参加したり、会社から勧められて参加することもあります。参加する目的は、情報交換です。具体的には、「他の企業がどういう風に求人紹介をしているのか」「IT業界の転職市場はどういう傾向があって、この先どういう風な社会になっていくと考えているか」というようなことを、お互い手の探り合いをしています。

もう1つは、Web系の企業が開催する、人材紹介・転職エージェント向けの説明会です。企業側が「こういう会社です。こういう歴史があって、こういうフェーズで、今回こういう人を募集します。」というのを、エージェント向けに説明してくれる機会があります。そこに、いろんなエージェントが来るので、そこで知り合うということはよくあります。

のりっくなるほど。1つ目の交流会の、「手の探り合い」というのは面白いですね。2つ目の企業が開く説明会で知り合うというのは、とても納得です。エンジニアはそんなことが開催されているのも知るよしもないですね。

人事の人は、採用した正社員には、定年まで働いて欲しいと思っているもの?

A子Web系の企業の人事は、「定年まで働いてもらうのは無理」だと思っています。定年まで働いてもらいたいとは思ってないです。というのも、Web系の企業はどこも歴史が浅く、「定年まで働いた人」がまだいないのが、現状です。

逆に志望動機で「Web系で定年まで働きたいです」と言われると、そうじゃないのに…という気持ちになります。もっとも、Web系の企業の転職サポートをしている中で、「定年まで」というのはあまり話には上がってこないです。

のりっくなるほど、Web系の人は、定年まで同じ企業に勤めるという考えは表に出さない方がよさそうですね。では、「定年まで働いてもらうのは無理」と思ってはいるけど、「せっかく採用したんだから、これぐらいの期間は働いて欲しい」というのはありますか?例えば、「せめて3年とか」。

A子そうですね、Web系の企業の人事としては、「5年ぐらいは働いて欲しい」と思っているんじゃないかと思います。もちろん、長く続けてくれる人を採用したいなと思っていると思います。私がWeb系の人事の方とお話をするときに、「Web系ってけっこうすぐ転職するんだけど、ある程度は長く働いてくれる人が欲しいよね」という感じです。

のりっくそのある程度っていうのは何年ぐらい?

A子5年とか、10年だと思います。

のりっくそうなんですね。では、Web系とかIT業界とか関係なく、全業界的な一般的な話をすると、正社員を中途採用する場合、定年まで働いて欲しいと人事の人は思っているんですか?

A子そうですね…。最近は転職が当たり前になっているので、転職の場で「定年」という話題が上らなくなっていますね。企業側としても、20代や30代の人を採用して、定年までの約30年間、30年後どうなっているというのを、見据えられなくなっている印象です。

のりっくそうなんですね。よくわかりました。

転職エージェントに接触した転職希望者が、最終的に転職する確率はどれくらいですか?

のりっくみんながみんな、転職するわけではないと思うのですが、転職エージェントに何らかの形で(リクナビNEXTでのスカウトや、自社サイトからの登録)接触した転職希望者って、どれぐらいの確率で転職していくんでしょうか?

A子そうですね、転職までのプロセスで言いいますね。

  • 登録した人を100人とすると...
  • 対面の相談に来てくれて、転職活動する人 50~60人
  • その中で、書類選考に通り、一次面接を受ける人 90人(ほとんど書類は通る)
  • その中で、内定をもらって、転職を決断する人 30~40人

のりっくなるほど。対面の相談に来ても、最終的に転職しない人が大半というのが現実なわけですね。登録した人を100人とすると、最終的に転職する人は少ないときだと15人ぐらい、多いときだと24人ぐらいですね。つまり、15%~25%ぐらいという感覚ですか?

A子そうです。そんな感じです。

のりっくちなみに、1社でもいいから内定をもらった人で、やっぱり転職しないという人も多いと思いますが、どれぐらいいますか?

A子多いですね。いっぱいいます。担当するキャリアアドバイザーや月によっても大きく違いますので、一概に言うのはちょっと難しいですかね…。

【転職のプロが薦める】Web系自社開発のための転職エージェントランキング!

 転職満足度は『「いかに自分の希望にあう、条件のよい」企業から内定が出たか』で決まります。そのため、Web系企業に転職するときのエージェントを選ぶポイントは、「Web系企業の求人」をいくつ持っているかに尽きます。なので、総合大手よりも、Web系企業の求人を多くもつIT専門転職エージェントがオススメです。

ギークリー

  • Web系企業の求人数は9000以上とダントツに多い。
  • 「リクナビNEXTエージェントNetwork」にて、「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」で1位獲得!
  • 「営業が強い」という口コミが多いが、その分熱心に求人を提案してくれる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京・神奈川・埼玉・千葉で勤務できるエンジニアが対象。

レバテックキャリア

  • Web系企業の求人数が4000以上と豊富
  • 「GOOD AGENT AWARD」で「2018年金賞」受賞!
  • 転職業界の人間同士の会話でも、ITといえばレバテックとまず挙がる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、福岡で勤務できるエンジニアが対象。

ワークポート

  • 求人数は2000以上と上2社より少ないが、古くからIT専門として有名。
  • 「GOOD AGENT RANKING」で「転職決定人数部門」第1位獲得!
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単

-転職エージェント

Copyright© SIerからWeb系自社開発に転職!失敗して感じたたった1つの後悔 , 2019 All Rights Reserved.