SIer/Web系の業界知識

SIerからWeb系への転職、給料面で知っておきたい2つのこと

更新日:

Web系に転職して、自社勤務をしたいと転職を考えるときに、必ず気になるお給料のこと。最低でも現状維持、できれば年収アップしたいのが本音です。実際のところどうなのでしょうか?大手総合転職エージェントのIT部門でキャリアカウンセラーを務めるA子(A子)に聞きました。

1つ目 Web系に転職すると、給料は下がっちゃうんですか?

A子「給料は下がる」と思っておくと、結果的に転職に成功できます。

ただ、SIerの人で相談に来られる人は、今の年収が適正じゃない人がいっぱいいます。上場しているSIerや上場している企業の子会社のSIerの人は、私から見ても「適正だね」と思う年収の人もいます。しかし、私がお会いしてきた印象では、「買い叩かれてしまっている(適正より低すぎる)エンジニア」もいっぱいいるなと感じています。

26歳の人で、Javaで開発を3年やってきているのに、280万円とか320万円とか。この人は「転職したらどの企業でも絶対に380万円は出るな」という経歴のエンジニアが、320万円しかもらってなかったりするんです。

年収が上がるか下がるかでいうと、自分の市場価値がどれだけなのかという事によります。逆に今の年収が高すぎる、「それしかやってないのに、その年収は高い」というエンジニアもいたりします。ただ、今の転職市場の環境だと、そんなに下がらずに転職できています。

3年ぐらい前、2015年ぐらいだと、Web系に行きたいという人には「あなたの年収は下がります」「できる限り交渉は頑張るけど、下がるリスクも認識はしておいてね」という話をしておきました。そうしないと、内定が出たタイミングで、エンジニアに「あれ?年収上がると思ってたのにがっかり」とみたいに内定を断られてしまうので、先に言っておきました。

noric0124エンジニア売り手市場とはいえ、Web系が未経験の場合は「下がることもある」と想定しておいた方がよいですね。自社勤務も叶えて、楽しい開発環境も揃って、なおかつ年収も上がると思って転職を開始すると、がっかりしそうです。まずは、自社勤務は最低叶えて、年収は維持できればOKぐらいがちょうどよさそうです。

2つ目 事業構造として、Web系はSIerより安定的に儲けられない

A子Web系(「Web系」とは?言葉の定義と、転職希望者が指す「Web系」はこんな企業)が、なんで年収が下がるかというのを考えたことがあります。多分、転職希望者もあまり認識していないと思います。私がいつも転職希望のエンジニアにする話があります。

SIerはB to Bビジネスで、みなさんが希望するWeb系の企業はB to Cビジネスなんですね。

それで、SIer、つまりB to Bビジネスの方が、売り上げ時の受注単価が圧倒的に高いんです。システム開発を受注するにしても、エンジニアを派遣するにしても、B to Bビジネスなので、B to Cとは桁が違います。B to Cのサービスなんて、サービスをリリースして当たるか当たらないかどうかも分からないし、一般の個人消費者向けなので、何十万円という単価を設定することができません。

エンジニアに限らず、旅行もそうですし、教育もそうですが、B to Cの業界は給料が高い人はいないと思っています。コンサルもそうですし、金融もそうですが、B to Bのビジネスは圧倒的に大きなお金が動きます。

また、Web系の企業はサービスを当て続ける必要がありますが、当て続けるというのは奇跡だと思うんです。そういう意味では、LINEとか楽天は、すでに一定数の会員さんという基盤があるので、B to Cでも強いと思います。そうではない大多数の小さいWeb系の会社では、1つサービスを作っても、当たるかどうかわからないし、ユーザーを獲得しても使い続けてくれる保証もありません。そのため、会社として次のサービスを開発するための資金を確保しておかないといけないのです。

ミクシィ(mixi)の例をよく転職希望のエンジニアさんに話していました。一時はみんな使っていたミクシィですが、あっとう間にfacebookにユーザーを奪われてしまい、売り上げがどんどん低下していきました。ミクシィが流行していたときに、社員に大判振る舞いをしていたら、低迷したときを乗り越えることができませんね。

一方でB to BのSIerは、もう、ずーーーっと安定して仕事があります。エンジニアの受け入れ先がなくなることは、まずありません。そのため、高い給料を払い続けることができるのです。高い給料を払っても、何か大きなミスをしない限り、来月も再来月も必ず仕事はあります。

この話をすると、Web系に転職を希望するエンジニアさんは、年収アップしないことに納得しますね。

noric0124なるほどそうですか。考えてみれば確かにそうですが、やっぱり転職するときに最低でも現状維持はしたいですよね。市況が売り手有利になることを期待しています。

正直、一社員としては、もっとエンジニア不足になって、エンジニアの希少価値が上がって平均給料がどんどん上がればいいのにと思います(笑

【転職のプロが薦める】Web系自社開発のための転職エージェントランキング!

 転職満足度は『「いかに自分の希望にあう、条件のよい」企業から内定が出たか』で決まります。そのため、Web系企業に転職するときのエージェントを選ぶポイントは、「Web系企業の求人」をいくつ持っているかに尽きます。なので、総合大手よりも、Web系企業の求人を多くもつIT専門転職エージェントがオススメです。

ギークリー

  • Web系企業の求人数は9000以上とダントツに多い。
  • 「リクナビNEXTエージェントNetwork」にて、「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」で1位獲得!
  • 「営業が強い」という口コミが多いが、その分熱心に求人を提案してくれる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京・神奈川・埼玉・千葉で勤務できるエンジニアが対象。

レバテックキャリア

  • Web系企業の求人数が4000以上と豊富
  • 「GOOD AGENT AWARD」で「2018年金賞」受賞!
  • 転職業界の人間同士の会話でも、ITといえばレバテックとまず挙がる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、福岡で勤務できるエンジニアが対象。

ワークポート

  • 求人数は2000以上と上2社より少ないが、古くからIT専門として有名。
  • 「GOOD AGENT RANKING」で「転職決定人数部門」第1位獲得!
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単

-SIer/Web系の業界知識

Copyright© SIerからWeb系自社開発に転職!失敗して感じたたった1つの後悔 , 2019 All Rights Reserved.