転職エージェント

SIerからWeb系への転職で、複数エージェント登録が必要な理由

投稿日:

この記事は

私は転職エージェントを1社しか利用しませんでした。その結果、念願のWeb系転職には至らず。大手SIerに舞い戻ってしまいました。再度、転職活動するなら、絶対に3エージェントに登録して、Web系の求人票を見てみます。なぜでしょうか?賢い転職エージェントの使い方をお伝えします。

エンジニアにとって、転職エージェントは求人数が命である

転職エージェントのビジネスを一言で言うと、「求人を出す側のWeb系企業」と「求職者(エンジニア)」のマッチングです。

「求人を出す側のWeb系企業」を転職エージェントがどうやって探しているかというと、

  • IT企業に電話でアポをとる
  • IT企業の採用説明会に行く
  • 顧客企業の紹介

大きくこの3つになります。これらの方法を使って、転職エージェントの営業部員は、毎日あなたに紹介するIT企業を発掘しているのです。

「求人を出す側のWeb系企業」とは、エージェントからすれば「仕入れ」にあたる、商売の生命線です。この仕入た求人票が、いかにたくさんあるか、いかに良質な企業のものであるかが、エージェントの質であると言えるのです。

なぜなら、「無い袖は振れない」からです。エンジニアであれば「できるだけ良い企業に転職したい」と思うのが自然です。良い企業の求人票を持っていないと、エンジニアに求人を紹介できません。

エージェントがいくら「応募書類の添削」や、「面接対策」が得意であったとしても、私たちエンジニアが「行きたい」と思う企業がなければ、全く意味がないのです。

いかがですか?
エンジニアにとって、エージェントは「求人」がすべてということがわかっていただけたのではないでしょうか。

あなたはたくさんのエージェントに登録したくない

誰でもそうだと思いますが、「そんなたくさんのエージェントに登録したくない」と思っているはずです。たくさんのエージェントに登録するのは

  • 複数社の対応するのは面倒
  • 職務経歴書をたくさんに送りたくない
  • 個人情報そんなにばらまきたくない

そんな理由がありますね。

1社しかエージェント利用しないと、こんなデメリットがある

私がそうだったのですが、1社しかエージェントを利用しないと、

  • エージェントの言いなり
  • エージェントのなすがまま
  • エージェントの都合の良いお客さん

になってしまいます。

なぜそうなるかと言うと「そのエージェントが提案する企業を受けるしかない」という状況になってしまうからです。

これはエージェントにとっては、
ひじょーーーーーーーーーーに
都合の良い話なんです。

エージェントも常に求職者を相手に商売をしているので、求職者の職務経歴やスキルを見ると、「およそどのレベルの企業なら内定が出る」ということはわかっています。

そこで、あなたがそのエージェント経由で転職してもらえるように、紹介する企業を出してくるでしょう。例えば、5社は希望通りのWeb系企業。もう5社は、Web系のプロジェクトに常駐実績のある、良い年収提示が期待できるSIerで、という風に。

あなたが面接に慣れてきて、いい感じで受け答えできるようになってきた。ところが、Web系の企業には全部落ちてしまったらどうでしょう。

そんな状況のときに、ころっと条件の良いSIerから内定が出たら、エンジニアとしては当初の希望とは違っても、「今よりよくなるならいいか」と、そっちに飛びついてしまうのです。その時は良かったとしても、後になってから「やっぱり俺、Web系に行きたかったんだよな…」と後悔する可能性が高いです。

そこで、Web系の企業がなくなったタイミングで、他のエージェントととも連絡をとっておけば、そっちのエージェントがもつWeb系企業に応募することができます。すると、面接慣れしていることと、確率的な話で、内定が出やすいのです。あなたは念願のWeb系から内定を獲得することができます。

求人票は多くて困ることは絶対にない!賢い使い方はこれ

求人票を見るのは楽しい

転職しないとしても、求人票って見ていて楽しくないですか?私は楽しいから大好きです。

「へ~、こんな企業が求人出してるんだ~」と見ていてワクワクしますよね。「体がもう1つあればいいのに」なんて思ったりします。

複数エージェントに登録すると、1エージェントにつき10社は紹介してくれるので、大量に求人票のPDFがメールで送られてくることになります。2エージェントを利用すると20社、3エージェントを利用すると30社ですね。それでも全然多くないと思います。

求人票を見てみると、「私が知ってるあの企業、私のスキルでもいけるかもしれないな」と思うものです。あなたが知らないWeb系の企業はごろごろあります。

Web系企業へのエントリー数を増やせば、内定率がアップする

複数エージェントに登録すると、その分、たくさんの求人票が集まります。

求人票の分だけ、書類を応募できる企業が増えます。このことがとても重要で、単純に、書類通過数がアップするんです。有効なカードがたくさん持てるということですね。

書類応募する企業が増えると、当然、面接に行く企業も増えます。これもやはり重要で、面接は受ければ受けるほど慣れてきて、上達してきます。1社目と5社目では、面接での態度や受け答えが格段に上達しているのです。このことが、内定率のアップにつながります。「なんか俺、面接に慣れてきたな~」という頃に、内定が出始めるのです。

内定が複数出ると、内定先を選べる状況になるので、心にもゆとりができますし、転職先の企業にも納得感がでます。うまくいけば、「他社からも内定が出ていて、○○○万円なら御社に行くって言ってますよ」という具合に、エージェントが年収交渉してくれることもあります。

内定数を増やすためには、たくさんの求人に応募することが必要です。そのために、複数エージェントに登録しておくと良いのです。

A子のキャリアアドバイザーとしての経験上でも、内定数は書類応募数に比例するそうです。

3社から求人票を出してもらって、1社と転職活動を進めるのが賢い利用法

おススメなのは、最初に一気に複数エージェントの面談まで行って、がっつりと求人票を見てしまうことです。

その後で、自分の志望にマッチする求人を出してくれたエージェント1社に絞って、その1社と転職活動を進めていくと良いです。最初の間口を広くとって、後で絞り込むという進め方です。

エージェントに面談にいくのは最初は面倒に感じるかもしれませんね。一度面談にいくと、エージェント側にも「転職する気ある人」と認識されるので、求人票をどんどん送ってもらえるようになります。ここでの苦労は、必ず転職活動の成果と満足度に反映されますよ。

複数エージェントを利用するときの注意点

複数のエージェントを利用することは、エージェント側も全く気にしていません。当然のことだと思っています。

SIerのプロジェクトの面談でも、並行営業をかけるのが当たり前ですよね。それと同じで、あなたが複数エージェントを同時並行で利用するのも、全く問題ありません。

しかし、エージェントとの間で、余計なトラブルにならないように気をつけないといけないのは、

  • 複数利用していることを隠さない
  • 同じ求人には絶対に複数のエージェントから応募しない

ということです。これをすると、エージェントとの関係が一気に悪くなります。すると、お互いに嫌な気持ちになってしまいます。「他社エージェントを利用していますか?」と聞かれたら、「はい」(エージェントの会社名までいう必要はない)と答えて、進捗状況も正直に伝えてください。

複数利用を伝えることで、エージェントが求人票を出し渋るということもありませんよ。もしそんなことがあったら、そのエージェントは大したことない企業です。

ただ、エージェントもビジネスを成立させるために、今までのあなたの転職活動の状況を知って、できるだけあなたの希望に沿っていて、内定が出たら「YES」とあなたに言ってもらえるような、そんなサポートをしたいだけです。

また、基本的に「一度落とした人は採用しない」のが、人事採用のルールらしいです。(エージェントから聞いて意外でした)「面接対策ができてきた今、あの会社をもう一度受けたい」と思うことがあるかもしれませんが、残念ながらそれは人事的にNGらしいです。なので、違うエージェントから、同じ企業の求人票を提示されたら、「この会社はもう落ちました」と素直に言いましょう。

転職のプロでも、複数エージェントを利用する

最後に、このサイトでも度々登場してもらっている、転職エージェントのキャリアアドバイザーをしているA子がいます。

A子は今の大手総合転職エージェントに入る前、小さいエージェントにいたそうです。今の大手総合転職エージェントに転職するときは、リクルートキャリア、DODAの最大手以外も3社利用していたそうです。エージェントを複数利用するのは、転職のプロとしても当たり前ということですね。

あなたもぜひ、複数エージェントに登録して、たくさん求人票を見てみることをおススメします!

【転職のプロが薦める】Web系自社開発のための転職エージェントランキング!

 転職満足度は『「いかに自分の希望にあう、条件のよい」企業から内定が出たか』で決まります。そのため、Web系企業に転職するときのエージェントを選ぶポイントは、「Web系企業の求人」をいくつ持っているかに尽きます。なので、総合大手よりも、Web系企業の求人を多くもつIT専門転職エージェントがオススメです。

ギークリー

  • Web系企業の求人数は9000以上とダントツに多い。
  • 「リクナビNEXTエージェントNetwork」にて、「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」で1位獲得!
  • 「営業が強い」という口コミが多いが、その分熱心に求人を提案してくれる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京・神奈川・埼玉・千葉で勤務できるエンジニアが対象。

レバテックキャリア

  • Web系企業の求人数が4000以上と豊富
  • 「GOOD AGENT AWARD」で「2018年金賞」受賞!
  • 転職業界の人間同士の会話でも、ITといえばレバテックとまず挙がる。
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単
  • 無料相談は東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、福岡で勤務できるエンジニアが対象。

ワークポート

  • 求人数は2000以上と上2社より少ないが、古くからIT専門として有名。
  • 「GOOD AGENT RANKING」で「転職決定人数部門」第1位獲得!
  • 無料相談のWEB登録は、履歴書・職務経歴書不要で、たった60秒で超簡単

-転職エージェント

Copyright© SIerからWeb系自社開発に転職!失敗して感じたたった1つの後悔 , 2019 All Rights Reserved.